あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

老人ホーム等の種類

介護付有料老人ホームとは

  • カテゴリ:老人ホーム等の種類
  • 投稿日:

この記事は約3分で読めます。

介護付有料老人ホームってどんなところ?

有料老人ホームとは、高齢者向け住宅の一種です。
介護や食事、家事援助、健康管理のいずれかのサービスを提供しています。
種類として、「介護付有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」「健康型有料老人ホーム」の3つがあります。
このうち、「介護付有料老人ホーム」は、 24時間体制で介護が受けられ、基本的には最期まで住み続けることができるのが特徴です。
「介護付」とパンフレットやチラシで表記されている施設は、「特定施設入居者生活介護」の指定を受けています。
すなわち、住宅型や健康型との大きな違いは入居者が定額で介護サービスを受けられる点になります。


介護付有料老人ホームの入居条件は?

介護付有料老人ホームは 入居時の身体状況によって、「介護専用型」「混合型」「入居時自立型」の3タイプ に分類され、それぞれ異なった受け入れ条件があります。
「入居時自立型」は、入居時に自立していた人が、その後要介護となってもそのまま暮らすことができるので、元気なうちに入居時自立型に入居し、そのままそこを終(つい)の棲家(すみか)とすることが可能な施設です。
また、「混合型」は例えばご夫婦がそれぞれ自立と要介護で違った場合でも利用することができます。
年齢は60歳以上・65歳以上と設定しているホームが多いですが、それより若い年齢でも特定疾病により要介護認定を受けていれば入居できるところもあります。

入居時の身体状況で入居条件は異なる

介護専用型 混合型 入居時自立型
要介護1 以上の方 要介護認定を取っていない方も入居対象となります(施設や運営母体により、入居要件は異なります) 入居時点で要介護認定に該当しない自立の方

介護付有料老人ホームの設備・スタッフ

介護付有料老人ホームは、食事や入浴など日常での支援や、リハビリなど機能訓練を提供する「特定施設」で、入居者が可能な範囲で自立した日常生活を送れるようにサービスを提供しています。
そのため、介護・看護に携わるスタッフの最低基準や設備面が定められています。居室は原則個室ですが、夫婦の場合は2人での利用も可能です。
居室内にはトイレや洗面台、収納スペースが備え付けられています。共用スペースには食堂や談話コーナー、浴室があるのが一般的です。
入居時自立型のホームでは、これからの生活を楽しめるように、シアタールームや麻雀室、大浴場など多彩な共用施設を備えているところもあります。

設備・スタッフの最低基準

スタッフ
管理者 原則専従1名(支障がない場合は、施設内、同一敷地内の施設の他職務に従事可)
介護職員・看護職員 要介護、要支援2以上の利用者3人に対し、介護職員または看護職員を1人以上配置
機能訓練指導員(理学療法士・作業療法士) 1人以上(兼務可)
生活相談員(ソーシャルワーカー) 利用者100人に対し生活相談員1人以上。ただし、生活相談員のうち1人以上は常勤者であること
計画作成担当者(ケアマネージャー) 利用者100人に対し計画作成担当者1人以上(兼務可)

※設備は原則個室

介護付有料老人ホームを選ぶときのヒント

介護付有料老人ホームの運営は民間企業だけでなく社会福祉法人、医療法人などさまざまです。
運営母体がどのような系列の企業・団体・法人かによって、医療体制や文化的な定例イベント、趣味などサークル活動の充実といった特色が異なります。
さらに、食事面や居住アメニティへのこだわりなども変わりますので、希望に合う介護付有料老人ホームを探すときはそういったポイントに注目してみると見つけやすいかもしれません。
公的な特別養護老人ホームなどの介護保険施設に比べると、物件数が多いため入居しやすいメリットはありますが、費用はやや高めです。

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. 老人ホーム等の種類
  5. 介護付有料老人ホームとは

お気に入り

お気に入りに追加しました