あなたにピッタリの老人ホーム・介護施設が見つかる!無料で相談できる!「ロイヤル介護」

検討リスト0

電話相談

  1. 老人ホーム・介護施設検索サイト「ロイヤル介護」トップ
  2. グループホームを探す

5006

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
チェックした物件をまとめて
チェックした
物件をまとめて
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

グループホームとは

 施設のある市区町村に住んでいる認知症の人が、少人数で家庭的な生活を送るためのホームです。認知症ケアを専門として、顔なじみの職員が生活における「入浴」「排せつ」「食事」等の介護、その他の日常生活上の介助、機能訓練などを行います。
 ひとつのフロアに5~9部屋の個室があり、共用部分にリビング・ダイニングや、トイレ、浴室があるのが一般的です。家族と暮らしているかのように温かみのある生活が送れるように配慮されています。
 ただし、生活援助がメインとなるホームのため、医療ケアは行えないところが多く、医療行為への依存度が高くなった場合や、看取りの対応が必要になった場合には、住み続けるのが難しくなることがあります。

グループホームの入居条件・入居の手順

 グループホームの入居条件は、65歳以上で介護度が要支援2から要介護5、医師による認知症の診断を受けている人になります。さらにホームのある市区町村に「住民票」があることも条件となります。他の入居者と共同生活が送ることが難しい人や、日常的に痰の吸引や胃ろうなどの医療行為が必要な人は、入居が出来ないことがあるため注意が必要です。
 気に入ったホームが見つかれば、各ホームに入居の申込みを申請します。一般的に、入居申込書のほかに住民票や健康診断書などの必要な書類を集めてホームへ提出することになります。書類に不備が無ければ、入居判定のための面談が行われます。身体や認知症の状態などを確認して、共同生活が可能かどうかを含めて入居判定を実施します。問題なければ、入居契約を交わし、入居の準備に進みます。

グループホームの費用

 入居一時金は30~50万円程度、月額料金は12~25万円程度が目安となります。ホームによってかかる費用の差が大きいので、入居を希望するホームで入念に確認するようにしてください。
 月額料金は、家賃、管理費、食費など日常にかかるものが含まれています。その他には医療費や日常の消耗品、理美容代などは、他の施設と同様に実費となります。また、介護サービス費の自己負担分もあわせて必要になります。

関連記事
グループホームについて詳しく知りたい方はこちら

検討リスト

検討リストに追加しました

 

物件をお選びください

「資料請求・見学予約」のお問い合わせに進まれる場合は、お問い合わせ対象の物件をお選びください。