あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「ロイヤル介護」

検討リスト0

電話相談

  1. 老人ホーム・サ高住検索サイト「ロイヤル介護」トップ
  2. 神奈川県の老人ホームを探す
  3. 神奈川県川崎市の老人ホーム一覧

神奈川県川崎市の老人ホームを探す

エリア
条件

指定されていません

  • 変更する

費用
  • 入居時費用
  • 月額
入居条件
種別で探す
キーワード

こだわり条件

施設やこだわり・特徴が選べます

こだわり条件を選ぶ

施設種別
医療・看護体制

医療面

受け入れ可能な感染症

こだわり・特徴

神奈川県川崎市の老人ホーム一覧

286

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
チェックした物件をまとめて
資料請求・見学予約
チェックした
物件をまとめて
資料請求・見学予約
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6

老人ホームの特徴

神奈川県の北東部にあるのが、川崎市です。政令指定都市として、7つの行政区から構成されています。令和元年10月1日時点における、川崎市人口は1,530,457人。そのうち、65歳以上の高齢者数は310,806人で、全人口の20%ほどを占めています。人口は増加傾向にあるものの、市の面積は狭いことから、人口密度が高いことが特徴です。

元和9年に東海道の川崎宿が作られたことにともない、多摩川の渡し場としてにぎわいはじめました。明治時代末期になると近代工業の誕生により、川崎市はさらなる成長を遂げます。そして昭和前期には、鉄道路線が相次いで開業。路線沿いに住宅地や工業地が、次々と作られました。昭和57年に現在の7区制となった経緯があります。

川崎市のシンボルといえるのが、「多摩川」です。最近は川の水質が向上し、アユも遡上するほどになりました。川沿いには自転車歩行者道の「かわさき多摩川ふれあいロード」があり、晴れた日には散策も楽しめます。ほかにも「生田緑地」や「生田緑地ばら苑」「東扇島東公園」など、たくさんの自然であふれており、都会の利便性と自然を同時に体験できるロケーションです。

ターミナル駅となるのが、JR東海道線・京浜東北線・南武線が乗り入れている、川崎駅。駅周辺には大型ショッピングモールや地下街、シネマコンプレックス、音楽ホールなどが立ち並び、毎日多くの人でにぎわっています。

電車を使うと、川崎駅から東京駅までは乗り換えなしで約17分、横浜駅までは乗り換えなしで約8分の距離です。また、京急川崎駅から羽田空港までは、乗り換えなしでアクセスできます。東京都心部へのアクセス性が高く、また、国内旅行や遠方から飛行機を使って訪れる家族にも、便利な立地です。

老人ホームへの入居を考える場合、まずは、ホームの種類について理解することが欠かせません。一口に老人ホームといっても、さまざまな種類があるためです。

「特別養護老人ホーム」は、基本的に、要介護3以上の人を対象とする施設です。常に介護を必要とする人が暮らせるように、24時間態勢で介護スタッフが常駐しています。介護保険が適用されることから費用はリーズナブルな上、終身施設のため、人生の最期まで入居できるのは、大きな魅力です。ただし、全体的に人気が高いことから、申し込みをしてもすぐに入居できるとは限りません。待機者が多いと、入居までに期間を有するでしょう。

「介護老人保健施設」は、在宅復帰を目的とした施設です。病気や事故などで在宅生活が難しくなった人を対象に、理学療法士や作業療法士といった、リハビリの専門職による機能訓練を受けます。介護保険が利用できるので費用はリーズナブルですが、特別養護老人ホームのように、長期間の入居はできません。

「有料老人ホーム」は、さらに、介護付き有料老人ホームと住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3種類にわけられます。また、「高齢者住まい法」に基づく、サービス付き高齢者向け住宅も、入居先の候補となるでしょう。入居要件や具体的なサービス内容、費用などはそれぞれの施設で大きく異なるため、事前に詳細をチェックしておくことが大切です。

老人ホームの費用感

老人ホームで生活するためには、どのような施設であっても、費用がかかります。具体的な金額は施設によって差があるので、入居前に確認をしてください。費用のことをよく考えずに入居してしまうと、利用途中で支払いが滞り、最悪のケースでは退去となるかもしれません。毎月入ってくる年金や、今ある預貯金などの中から、無理なく支払える金額かどうかをシミュレーションすることが重要です。

川崎市にある有料老人ホームの月額費用は、平均値で20万5千円、中央値で18万3千円となっています。神奈川県内の中では比較的高い金額ですが、隣接する東京都世田谷区や大田区よりは安く、お得感があるでしょう。

24時間看護師が常駐するところ、少人数のユニットケアを取り入れているところ、がん終末期・神経難病・人工呼吸器といった、医療依存度が高い人向けのところなど、さまざまなタイプがそろっています。ホームの数が充実しているので、一人ひとりのニーズや条件に合ったところが見つかるはずです。

老人ホームへの入居で必要となる費用は、大きく2つにわけられます。入居一時期と月額費用です。

入居一時金は、入居金、または前払い金などと呼ばれ、入居する際に一括支払うものを指します。賃料の前払いの意味をもっており、「どのくらい入居するのか」といった想定入居期間に基づいて計算されるのが一般的です。ただし、具体的な計算方法は施設によって異なり、川崎市内には、入居金を1億円以上に設定しているところもあります。

一方で、入居一時金が不要の施設も少なくありません。初期費用をセーブできるのは大きなメリットですが、基本的には入居一時金を払ったほうが、後述する月額費用を抑えられます。入居期間によってどちらがお得なのかが異なるため、両ケースのトータル費用を比較してみるとよいでしょう。

月額費用は、ホームに支払う毎月の費用のことです。居住する部屋の家賃や食費、光熱水費、施設管理費などがかかってきます。介護サービスが含まれている場合は、施設介護サービス費も請求されるでしょう。同じ施設でも、利用する居室タイプによって、家賃が異なるところもあります。ほかよりもスペースが広かったり、ミニキッチンや浴室などの設備がそろっていたりすると、割高です。また、医療費や医薬品費、交通費、娯楽費などは、基本的に自己負担となります。

各エリアにある公共制度や施設など特記された内容

川崎市では、地域包括ケアシステムの推進を目的に、平成27年3月に「川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョン」を策定しました。地域包括ケアシステムとは、高齢者が住み慣れた地域で、自分らしく暮らし続けるための支援態勢のことです。医療や介護、予防、住まい、生活支援のすべての要素が、一体的に提供されるものを指します。

以下で、川崎市にある主な公共制度や、施設などを見ていきましょう。

「川崎市シルバー人材センター」は、高齢期になっても、元気で働き続けたい人におすすめの場所です。60歳以上の人を対象とし、センターに登録することで、仕事を紹介してもらえます。駐車場や駐輪場の管理、放置自転車対策、家事援助、除草・草刈り、施設などでの調理、大工仕事など、仕事の分野は多種多様です。

同年代の仲間との交流を深めたい人は、「老人クラブ」に参加してみてはいかがでしょうか。令和3年4月時点で、川崎市内には全部で437のクラブが結成されています。グラウンドゴルフやゲートボール、体力測定、日帰り旅行、作品展、講演会など、さまざまな活動をとおして、仲間とのふれあいを楽しめます。

「老人福祉センター(いきいきセンター)」は、高齢者の教養向上や、レクリエーションの便宜を図るための施設です。市内に7カ所設置されています。健康づくりに関する講座や行事を開催しているほか、生活や健康面に関する相談も可能です。

認知症の人が行方不明になると、事故や事件に巻き込まれる可能性が生じます。そのため、できるだけ早く、安全に保護しなければいけません。「認知症等行方不明SOSネットワーク」では、事前に登録しておくことで、行政の担当課や後述する地域包括支援センター、警察署といった関係機関で情報を共有。行方不明になった際の、迅速な発見につなげます。

「地域包括支援センター」は、川崎市から委託を受けた、高齢者に関する公的な相談窓口です。福祉・保健の専門スタッフが勤務しており、本人やその家族、近隣に住んでいる人の介護などに関する悩みや問題に対応します。相談は無料で、訪問による相談もOK。介護サービスや医療、健康、社会参加、権利擁護など、困ったことがあれば、気軽に相談できる機関です。それぞれのセンターで担当地域を設けているため、居住地を管轄する場所を事前に確認しておきましょう。何かあったときに、すぐに相談できるようになります。

これまでご紹介してきたように、川崎市は、高齢者が豊かに生活するための施策やサービスが整っています。東京都内や横浜市にアクセスしやすく、市内には自然を感じられる場所も豊富です。利便性にも優れており、高齢者が住みやすいエリアといえるでしょう。老人ホームの数も充実しているので、一人ひとりのニーズや希望に合ったところを見つけてください。

神奈川県川崎市のおすすめ施設

よくあるご質問

  • Q.川崎市ですぐに入れる施設はありますか?
    A.

    見学可能です。
    有料老人ホームでは、一般的にお申し込みからご入居までに2~3週間程度掛かります(健康診断書の提出や事前面談が必要)。
    ホームによっては、この期間を短縮して頂けるところもございますので、お客様のご状況に合せてご提案させて頂きます。
    もちろん流動的なホームの空室情報も把握しています。
    老人ホーム等の入居までの流れをご確認の上、お問い合わせください。

  • Q.川崎市に入居時の初期費用が0円の施設はありますか?
    A.

    ここ数年で初期費用が掛からない施設が増えて参りました。ホームによっては、入居金がなくなった分、毎月の月額利用料が上がっているという場合もございますので、お客様のご予算やご条件に併せてご提案をさせて頂きます。
    初期費用が0円の施設については、当ページの「こだわり条件」から対応しているホームを検索できます。
    関連ページ:入居一時金0円の老人ホームを探す

  • Q.新型コロナウイルスの影響でも川崎市の老人ホームを見学できますか?
    A.

    見学可能です。
    ただし、施設によっては人数制限などがある場合があります。
    ほとんどの施設で入館時の検温やマスク着用が義務付けられていますので、体調の悪い日のご見学はご遠慮いただく可能性があります。
    店舗の取り組みとしては、非接触型体温計で検温・スタッフのマスク着用・消毒液の設置・定期的な換気を徹底・適切な距離を保つ・飛沫防止のアクリル製仕切り板を設置を行っています。
    見学をご希望の際は、施設などへ見学をご検討の皆さまへをご確認の上、お問い合わせください。

  • Q.医療行為が必要でも川崎市に入れる介護施設はありますか?
    A.

    医療行為が必要な方のお受け入れについては、ホームによって様々です。
    ホームの体制や受け入れ実績等を考慮させて頂きながらご提案させて頂きます。
    まずはお気軽にご相談ください。
    該当する医療行為に対応している施設については、「こだわり条件」から検索できます。
    関連ページ:胃ろう対応の老人ホームを探す

  • Q.川崎市に、認知症でも入居できる施設はありますか?
    A.

    認知症相談が必要な方のお受け入れについては、ホームによって様々です。
    ホームの体制や受け入れ実績等を考慮させて頂きながらご提案させて頂きます。
    まずはお気軽にご相談ください。
    認知症に対応している施設については、当ページの「入居条件」から検索できます。
    関連ページ:川崎市の認知症相談可の老人ホームを探す

検討リスト

検討リストに追加しました

 

物件をお選びください

「資料請求・見学予約」のお問い合わせに進まれる場合は、お問い合わせ対象の物件をお選びください。