あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

「トピックス」 の記事一覧

  • 昔から床ずれと呼ばれている症状を、医療福祉現場では褥瘡(じゅくそう)と言います。 褥瘡は皮膚や筋肉が壊死して穴が開いてしまう状態で、ひどい場合には骨が見えるほどの穴が体に開いてしまいます。 かつては長期入院者や寝たきりの高齢者に多く見られていました。しかし医療や介護技術が進歩するに連れて、病院や介護施設での発生頻度は減少しています。 ただ老々介護や独居高齢者といった適切な介護が受けられない高齢者の方にとっては、褥瘡がつきものとなっているのが現状です。 在宅介護をするのであれば、原因と予防策を知って適切に対処することが必要です。

  • 短期間だけ介護施設を利用できるショートステイ(短期入所生活介護)というサービスがあります。施設で食事や入浴といった日常行動の介助や機能訓練を受けることができるのです。 介護者が体調を崩してしまった場合や自宅での介護が一時的に困難な状況に陥った時、安心して利用することができます。 今回はショートステイの概要とサービス内容まで紹介します。 ショートステイの利用について ショートステイとは前述した通り、施設に短期間の入所してもらう施設です。利用対象者は65歳以上の方、または40~64歳までの要介護者・要援護者で、利用期間は要介護認定度によって異なります。

  • 介護は介護者にかなりの体力と気力が必要になります 。重労働と言っても過言ではありません。 被介護者らの介護をするのは親族かヘルパーを始めとした介護職員です。親族間の介護は、親族ならではのトラブルを引き起こすこともあります。しかし、かといって介護職員に介護の全てを任せるのも限界があります。全国の高齢者の数に対して、介護職員の数は少ないというのが現状です。 今回はこのような現状に一石を投じるかもしれない、介護ロボットについてご紹介します。 ロボットが被介護者のメンタルを支える? 介護の仕事には大きく分けて2つの役割があります。1つは高齢者の生活をフィジカルの面で支えること。そしてもう1つは高齢者の心のケアをするといった、メンタル面でのサポートです。

  • 自宅で高齢者を介護する際に頭を悩ませるのが「排泄」の問題です。 自分では歩けない高齢者をトイレまで連れて行くのはとても重労働であり、高齢者にも体力の負担がかかります。 そこで一日の工事で設置が可能な「ベッドサイド水洗トイレ」をご紹介します。ぜひ検討してみましょう。 排泄介護の問題 介護で一番負担がかかるのが「排泄」です。

  • 人間の社会生活や環境は「歩く」ことを前提に構成されています。 しかし、その「歩く」ことが、歳を取るにつれて困難になっていくことも事実です。歩けることが前提で成り立っている環境は、歩けなくなるとさまざまな危険を抱えることになります。実際、介護事故の8割は歩くことが困難になったことによる転倒、転落によるものです。 今回は介護をする上で絶対に気を付けたい「転倒」を防ぐための靴をご紹介したいと思います。

  • 日本の高齢者数の増加に伴い、これからもさらに認知症の人の数も増加することが予測されています。そのため、認知症の人が住み慣れた地域で尊厳をもって生活することができる社会を目指すための対策として「新オレンジプラン」が促進されており、認知症カフェが設立されました。 そんな認知症カフェについて、どういったところか分からないかたも多いのではないでしょうか? ここでは認知症カフェについてご紹介します。 認知症カフェとは 認知症は、脳の働きが悪くなり、生活するうえで精神的にも身体的にもさまざまな障害が生じます。そのため、外出した時に何か失敗してしまうこと、周囲の人にも迷惑や影響を与えること、またそれらの不安から本人や家族はできる限り外出を避けたいと思うようになるようです。ですが、気兼ねなく外出できる場所があれば、それぞれの悩みを解消できる手助けになるはず……。そこで、認知症カフェという認知症の人と家族が集まれる場所が生まれました。 認知症カフェは、毎日営業されている場所もありますが、定期的なイベントとして決められた日を設け、自宅やレンタルスペースなどで開催されていることが多いです。

  • 認知症と言っても原因はさまざまで、その原因によって症状、接し方などが異なってきます。 うつ病やパーキンソン病に間違われやすいレビー小体型認知症をご存じですか? ここでは「レビー小体型認知症」についてご紹介します。 レビー小体型認知症とは? 認知症患者全体の20%がこのレビー小体型認知症だと言われています。

  • トピックス

    • 投稿日:

    高齢者の「運転」に隠れる危険とは?

    高齢になっても車の運転をする人は多くいます。 最近では、高齢なドライバーが起こした事故の報道が頻繁に見られるようになりました。 事故を起こさないためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか? また、運転の自信がなくなった場合や運転する機会がないという場合に利用できる制度について、合わせてご紹介します。 高齢者に事故が多くなる理由とは

  • トピックス

    • 投稿日:

    認知症患者に対する家族の正しい接し方は?

    厚生労働省の発表によれば、日本の認知症患者数は2012年の時点で約462万人、予備軍にあたる「軽度認知障害」とされる人も含めると900万人近くになります。 今後も高齢化は進むため、認知症はより身近な病気になることが確実です。 ここでは、家族が認知症になってしまったときの、正しい接し方について見ていきましょう。 敬意を持って接する 重度の場合などを除き、認知症になったからといって、基本的には、その人の人格まで失われているわけではありません。

  • 「介護保険って一体どんなもの?」という声をよく聞きます。 事前にさまざまな知識を身に付けておかないと、いざ受給したいと思ったときにとても戸惑ってしまうため注意が必要です。 「介護保険とは?」「受給資格は?」「保険の内容は?」といった、介護保険に関する基礎知識についてご説明します。 公的介護保険料の加入と支払い 日本では40歳以上の国民全てに、介護保険への加入と保険料の支払いが義務付けられています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 3

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. トピックス

お気に入り

お気に入りに追加しました