あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

老人ホーム等の種類

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

  • カテゴリ:老人ホーム等の種類
  • 投稿日:

この記事は約4分で読めます。

生活環境や経済状況などの理由で困難な思いをしている高齢者が自治体の助成を受けて生活できる住まい

ケアハウスは軽費老人ホームの一種です。軽費老人ホームには、「軽費老人ホームA型・B型・ケアハウス(C型)」の3種類があります。
その中でA型とB型は、健康で自立した生活ができる高齢者向けの住まいです。2008年から、A型・B型がケアハウスの基準に統一されましたので、今後はケアハウス(C型)が中心になります。
ケアハウス(C型)は、自立して生活するのに不安がある高齢者向けの住まいで、「一般型」と「介護型」があります。
自治体から助成を受けられることから比較的少ない負担額で入居できますし、生活相談や入浴準備など日常生活上必要なサービスも受けられます。
ただし、食事については、「A型」と「C型」は食事提供サービスがありますが、「B型」では提供していません。

入居条件

独り暮らしは不安、でも家族との同居が困難な高齢者

軽費老人ホームに共通する条件は、身寄りがないなど「家族との同居や援助が困難な事情があること」です。
この他の条件は、下の表のようにホームのタイプによって異なります。
また、「身の回りのことは自分でできる(ケアハウス一般型)」「共同生活ができる」など、詳細な条件を設けるホームもあります。
なお、入居後に病気やケガなどで長期入院する場合や、介護が必要になった場合(A型とB型)、日常的な介護や医療ケアが必要になった場合(ケアハウス)などには、退居や他の介護施設への転居などを求められることがありますので、注意が必要です。

入居条件【共通条件】
・原則として年齢60歳以上※1
・家族の援助が困難という事情がある
【A型・B型】
・健康で自立した生活ができる
・一定基準以下の月収である(A型)
【ケアハウス】
身体機能の低下などにより高齢者だけでの生活に不安があると認められる (介護型は「要介護1以上」などの条件がある) (細かい条件はホームにより異なる)
入居期間一定期間(ケアハウスには終身利用が
可能なホームもあります)

※夫婦で入居する場合、どちらかが60歳以上。ケアハウスの介護型は65歳以上もあります。

費用

入居時の費用と月額費用の目安

月額費用は、「居住費(家賃、共益費、光熱水費等)、食費」などです(B型は食費なし)。
下の図はケアハウス(介護型)の費用の目安ですが、入居時に一定期間の家賃を前払いする「入居一時金」や保証金などが必要なホームもあります。
なお、年収が一定の基準以下の場合などは、自治体から補助金や助成金が受けられます。

入居時の費用月額費用(※)備考
0円~数百万円10万円前後~20万円入居一時金が不要なホームもある

※居住費(家賃、共益費、光熱水費等)、食費、介護サービス費(自己負担額)の合計額

介護サービスの自己負担額(ケアハウスの場合)

「一般型」のケアハウスに入居する人が介護保険制度の「要介護・要支援認定」を受け、所定の介護サービスを利用すると、利用料(介護報酬)の7~9割が介護保険から給付され、自己負担額は1~3割となります。
この費用は介護サービスを受ける外部の介護事業所などに支払います。
「介護型(特定施設入居者生活介護)」の場合、一定の自己負担額で日常的な介護が受けられます。

住まい

ケアハウスはトイレや洗面所が専用のタイプと共用のタイプがある

ケアハウスの居室は原則として個室です。
居室内には洗面所、トイレ、ミニキッチン、収納などが付いています。浴室や食堂は共用が多く、談話室など居住者どうしが交流できる部屋もあります。

「都市型軽費老人ホーム」とは

首都圏をはじめ、都市部での高齢者の住まい不足に備えて、2010年4月に設備・運営基準の法改正が行われ、一般型に比べて居室が狭い都市型軽費老人ホームが登場しました。
主に都市圏で見られ、定員20人以下の小規模な建物になります。
居室は4.5畳くらいの「個室」で、洗面所、トイレ、食堂、浴室は共用のものが多くなります。
ひとり暮らし用の個室が主流ですが、夫婦で住める居室のあるケアハウスもあります。
また、できるだけ段差を少なくした構造でバス・トイレに手すりを付けるなど、バリアフリー仕様になっているほか、各個室に緊急通報システムが設置されています。

住戸の広さ居室の設備共用スペース
【一般型経費老人ホーム】
21.6㎡以上
洗面所、トイレ、収納設備、ミニキッチン、緊急通報装置など食堂、談話室、娯楽室又は集会室、 浴室、洗濯室など
【都市型軽費老人ホーム】
7.43㎡以上
緊急通報装置など食堂、談話室、娯楽室又は集会室、トイレ、 洗面室、浴室、洗濯室など

生活

一般型ケアハウスは外部の介護サービスを利用しながら生活する

「一般型」のケアハウスでは、食事の提供や入浴等の準備、また、必要に応じて清掃や洗濯などの家事サービスを利用できるほか、スタッフによる安否確認(見守り)や生活・健康についての相談も受け付けます。
「要支援・要介護」状態になった場合は、スタッフのサポートを得て介護保険の申請等を行い、外部の介護事業者や介護サービスを利用します。
「介護型」は、介護付き有料老人ホームと同じ「特定施設」の指定を受けたケアハウスで、ホームのスタッフから日常的な介護が提供されます。

サービス内容

安否確認・生活相談食事提供
生活援助
(清掃・洗濯・買い物代行等)
身体介護
(食事・排せつ等の介助)
外出や通院の付添い医療機関との連携(往診等)
イベント活動(アクティビティ)医療ケア(経管栄養・カテーテル等)

凡例: ◎ = ほとんどが行う ○ = 多数が行う △ = 住宅による ▲ =行わない住宅が多い
※毎月の基本サービス料とは別に料金がかかるものもある

軽費老人ホームの類型

↑クリックすると大きくなります

※介護保険サービスが必要になった場合は、外部サービスを利用していただくことになります。
※情報の一部は、2019/02/01時点の東京都福祉保健局高齢社会対策部の資料に基づき作成しています。

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. 老人ホーム等の種類
  5. ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

お気に入り

お気に入りに追加しました