あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

老人ホーム・サ高住等の種類と特徴

有料老人ホーム とサービス付き高齢者向け住宅 それぞれの特徴を理解しよう

  • カテゴリ:老人ホーム・サ高住等の種類と特徴
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

この記事は約4分で読めます。

高齢者向けの住まいには様々なものがありますが、
有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(以下「サ高住」)。
まずはその2つの違いと特徴を見ていきましょう。

有料老人ホームとサ高住の違いは?

入居できる人

有料老人ホーム

65歳以上(自立・混合型有料老人ホームの場合は60歳以上)の自立して生活できる方から要介護の方まで幅広い方が対象です。

最近は、自治体によって “介護専用型” という要介護認定を受けた方(自立・要支援は入居不可)のための施設しか新設しない地域もあります 。

サ高住

60歳以上あるいは要介護認定を受けた60歳未満の方が対象で、比較的自立して生活できる方が多く入居していますが、介護型であれば要介護の方も安心して入居できます。

建物・設備

有料老人ホーム

ホームによっては浴室、キッチンがあるものもありますが、多くはトイレ、洗面台の付いた18m2 ほどの居室が中心。食堂などの共有スペースが広く、介護を考えた機能的な作りになっています。

サ高住

一般的な賃貸住宅同様に浴室、キッチン、トイレ、洗面所があり、物件の造りによって18 m2以上、25 m2 以上などの居室が用意されています。共有スペースは少な目です。

介護サービス・アクティビティなど

有料老人ホーム

各種レクリエーションその他アクティビティが充実しています。ホームによって内容には差がありますが、住宅型以外ではホームの職員によって提供されることが多いです。最近は、ボランティア団体に依頼する施設も増加しており、中にはかなり本格的なプロの講師を招いて行うアクティビティも増えてきました。

サ高住

介護型以外では基本的に自分で外部のサービスを選択して利用することになります。アクティビティの有無、頻度などは物件次第です。

費用

有料老人ホーム

入居一時金と月額利用料がかかりますが、ホームによって金額には大きな差があります。

サ高住

一般型の場合は入居時に敷金、月額費用としては家賃、管理費(共益費)がかかります。

介護型の場合には有料老人ホーム同様、入居一時金、前払い家賃などが必要なケースがあります。

有料老人ホームは3種類 特徴を知っておこう

民間事業者、医療法人、社会福祉法人などが運営する 有料老人ホーム には、制度として「介護付」「住宅型」「健康型」があります。しかし、ここでは一般的にわかりやすいように「介護付」「住宅型」「自立・混合型」の3種類に分類してご紹介します。

介護付 ほとんどのサービスが付帯

食事、洗濯、清掃等の生活支援、排せつや入浴等の身体介護、機能訓練、レクリエーション、サークル活動などのサービスが全てまとめて受けられる老人ホームで、都道府県から介護保険制度上の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けています。

施設の職員が介護をする「一般型」と、介護を外部事業所が行う「外部サービス利用型」の2種類があります。

住宅型 生活支援サービスが付帯

食事、洗濯、清掃等の生活支援サービスが付いたホームです。介護サービスについては自分で訪問介護などの在宅サービス事業所と契約してホームで生活します。

入居者が在宅サービスを受けやすいよう、訪問介護事業所、デイサービス、居宅介護支援事業所などが併設されているホームがほとんどです。

自立・混合型 元気なうちから入居、住み続けられる

自立のうちに入居して、介護が必要になった場合は介護棟に移るなどして介護サービスを受けて暮らし続けられます。

元気な方が多いため、居室は通常のマンションのような設備、ジムなどの共用部分を設け、サークル活動などが充実しているホームが多いのが特徴です。

サ高住は2種類 特徴を知っておこう

主に民間事業者が運営する サ高住は高齢者専用の賃貸住宅で、法令に従った建物その他の要件を満たしたものが登録されています。

一般型 自立した方が中心

バリアフリー構造の賃貸住宅で、安否確認と生活相談サービスが必須ですが、物件によってはそれ以外の生活支援サービスもあります。介護が必要になった場合は外部の在宅介護サービスを利用します。

介護型 介護が必要な方が中心

厚生労働省の定める「特定施設入居者生活介護」の指定を受けている介護型のサ高住では介護付有料老人ホーム同様、建物内に常駐するスタッフから介護を含む各種サービスなどを受けることができます。

ただし、その分、一般型よりも費用は高くなります。

※ 料金、規模、サービス内容等はホームにより大きく異なります。実際のご利用にあたっては個別の住宅の情報をご確認ください。

この記事の執筆者

水戸 一生

資格
社会福祉士

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. 老人ホーム・サ高住等の種類と特徴
  5. 有料老人ホーム とサービス付き高齢者向け住宅 それぞれの特徴を理解しよう

お気に入り

お気に入りに追加しました