あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

検討リスト

電話相談

トピックス

介護福祉士が教える認知症の種類

  • カテゴリ:トピックス
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

この記事は約5分で読めます。

日本人の高齢化が進む現在、すべての人にとって他人事ではない「認知症」。よく耳にする言葉ですが、実は、認知症とはひとつの病名ではなく、「なんらかの原因で脳の神経細胞が破壊されたり、減少したりして、日常生活を正常に送れない状態になること」の総称です。

認知症の代表的な症状が、理解力や判断力、記憶力の低下。人間は誰でも加齢とともに物覚えが悪くなったり、記憶力が低下したりしますが、このような老化に伴う「物忘れ」と「認知症」は根本的に異なります。

その違いは、物忘れが加齢による脳の生理的な老化が原因となって起こるのに対して、認知症は脳の神経細胞が変性したり、破壊されたりするのが原因であるということ。また、物忘れはあまり進行しませんが、認知症は正しく対処しなければ徐々に進行し、日常生活に支障をきたします。

認知症は、脳に見られる異常によっていくつかの種類に大別されます。それぞれ原因や症状、経過などが異なるので、まずはそれらの特徴をしっかり理解し、正しく対処をすることが必要です。

アルツハイマー型認知症とは?

認知症のなかで最も多いのが、アルツハイマー型認知症。男性より女性に多く見られ、近年では増加傾向にあるとされています。

原因は、脳にアミロイドβやタウという特殊なタンパク質がたまって神経細胞が死んでしまい、脳が萎縮してしまうこと。記憶をつかさどる海馬から障害が起こるため、まずは記憶障害が見られます。

「食事をしたことを忘れる」「会う約束をしていたことを忘れる」など、体験そのものを記憶できくなり、日付や今いる場所、家族の顔などがわからなくなることもあります。

また、判断力の低下もよく見られる症状のひとつ。例えば、料理でどれくらい調味料を入れたらいいか、どんな食材を使ったら良いかわからなくなり、症状が進むと料理自体ができなくなります。そのほか、「ものを盗まれた」という妄想や、外をうろうろする徘徊が見られたり、興奮、暴力、無為無関心など、行動や心理面での異常が見られることもあります。

現在、アルツハイマー型の完治は不可能とされていますが、薬の開発により、早期発見、早期治療を行えば症状の進行を緩やかにすることが可能です。

アルツハイマー型認知症に対応しているホーム施設

前頭側頭型(ぜんとうそくとうがた)認知症とは?

前頭側頭型認知症は、前頭葉や側頭葉が萎縮して起こる認知症。前頭葉は思考や感情の表現、判断をコントロールする部位であり、側頭葉は言語の理解、記憶や物事の判断、感情の制御、聴覚をつかさどる部位です。

そのため、前頭側頭型認知症を発症すると、「ルールを守らない」「社会性がなくなる」「他人に配慮した言動ができない」など、人格が変わったような行動や非常識な言動が見られるようになり、認知症に多く見られる物忘れや記憶障害などはあまり見られません。進行すると約6~8年後には寝たきり状態になるといわれていて、筋力低下や筋萎縮なども発症している場合は、さらに進行が早まると考えられています。

他の認知症に比べて若いうちに発症することが多く、ほとんどの場合が70歳ごろまでに発病します。原因はまだはっきりわかっていませんが、最近の研究により、タウタンパクやTDP-43、FUSなどのさまざまなタンパク質が変化し蓄積することが原因ではないかと考えられています。しかし、なぜこのような変化が起こるのかはまだ突き止められておらず、治療法も定まっていません。

前頭側頭型(ぜんとうそくとうがた)認知症に対応しているホーム施設

レビー小体型認知症とは?

認知症の約20%を占める病で、アルツハイマー型認知症に次いで発症が多いのですが、アルツハイマー型は女性が多いのに比べ、レビー小体型は男性に多いとされています。

「レビー小体」とは、脳の神経細胞にできる異常なタンパク質の塊のこと。通常、認知症では記憶障害が起こるというイメージがありますが、レビー小体型の場合、初期症状としては認知障害より幻視の方が起こりやすいのが特徴です。「実際にはいない人が見える」「部屋のなかに虫がいる」など、かなりはっきりした幻視を訴えるケースが目立ちます。また、「寝ている間にお金を盗られた」「ここは自分の家ではない」などという被害妄想や誤認妄想も多くあります。

そのほか、眠っている時に大声で叫んだり奇声を上げたりする異常行動を起こしたり、気分が沈んで悲しくなったり意欲が低下したりする抑うつ症状を起こすことも。また、レビー小体はパーキンソン病患者にも出現することから、手が震える、動作が遅くなる、筋肉がこわばるといった、パーキンソン病に似た症状が現れることもあります。

レビー小体型認知症に対応しているホーム施設

脳血管性認知症とは?

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などで脳血管に障害が起こると、脳細胞に酸素や栄養が送られなくなり周辺の神経細胞がダメージを受けます。その結果発症するのが脳血管性認知症です。アルツハイマー型認知症に次いで発症例が多いとされています。

脳血管障害で細胞が壊れた部位は機能が低下してしまうため、障害を受けた部分と正常な部分の区別が明確になります。そのため、「物忘れはしても、判断力は維持されている」というような症状が見られるのです。これはまだら認知症と呼ばれ、脳血管性認知症の特徴的な症状です。

また意欲がなく、ぼーっと抑うつ状態が続くこともあれば、意識がはっきりしてこれまで通りの生活ができることもあるなど、症状に波があるのも特徴。手足に麻痺や感覚の障害など神経症状が現れたり、ダメージを受けた場所によっては言語障害などが出たりする場合もあります。

脳血管性認知症の原因は脳梗塞や脳出血などであり、これらは生活習慣病によるものが多いとされています。そのため、運動不足や過食、ストレスなど生活習慣を見直すことが予防に役立ちます。

脳血管性認知症に対応しているホーム施設

認知症の種類のまとめ

これら4つの認知症は、種類により症状や対処法もさまざまです。異変を感じたら適切な対応ができるよう、それぞれの特徴を理解しておくことが重要です。

最近では、認知症専門資格を有する介護スタッフをはじめ、認知症ケアのスペシャリストが在籍する施設も増えています。認知症ケアを行う施設の詳細については以下をご覧ください。

こだわりの認知症ケア特集【老人ホーム・サ高住お探しガイド】

また、「老人ホーム・サ高住お探しガイド」では認知症の方が入居できる老人ホームを簡単に探せます。認知症のケアにお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

有料老人ホーム・介護施設を探す【老人ホーム・サ高住お探しガイド】

この記事の執筆者

宇治 弘典

資格
介護福祉士

相談実績90,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. トピックス
  5. 介護福祉士が教える認知症の種類

検討リスト

検討リストに追加しました