あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

「老人ホーム等の入居までの流れ」 の記事一覧

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    自立型の住み替え事例

    サービス付き高齢者向け住宅や自立型有料老人ホームへ住み替えた方の実際の声をご覧ください。 サービス付き高齢者向け住宅へ住み替えたケース

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    介護保険の利用料と限度額について

    利用者の自己負担は1割から3割 介護保険は40歳以上の人が支払う保険料と税金を財源としており、介護保険サービスを利用した場合の利用者負担は、介護サービスにかかった費用の1割(一定以上所得者の場合は2割又は3割)です。仮に1万円分のサービスを利用した場合に支払う費用は、1千円(2割の場合は2千円)ということです。 介護保険施設利用の場合は、費用の1割(一定以上の所得の場合は2~3割)負担のほかに、居住費、食費、日常生活費の負担も必要になります。

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    希望や条件を整理

    自分に合った高齢者向け住宅を探すための「条件を整理」 これからの住まいを考えるうえで何より大切なのは、どこで、どのような暮らしをしていきたいのかという「希望」です。高齢者向け住宅とひとくちにいってもその種類は多種多様です。住まいによって環境や介護・生活サービスなどが大きく違います。入院をきっかけにホーム探し、元気だけど一人では心配だから、遠方の両親を呼寄せしたいなどのホーム探しのきっかけはひとそれぞれさまざまな理由があると思います。まずは実際にホーム探しを始める前に自分はどう暮らしたいのか、どう暮らしてほしいのか、を見つめてみましょう。また、住まいにより入居にかかる費用や入居後の月額の費用もさまざまです。それに、健康状態によっては入居できないホームもあります。それらを踏まえて、以下のチェックリストを参考に条件を整理してみましょう。

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    引越し準備・入居

    介護保険サービス利用の手順 ケアマネジャーを選びケアプランを作成してもらう

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    ホームの情報を幅広く収集

    どんな高齢者向け住宅があるのか「情報を収集」 希望条件、予算、住み替え時期がだいたい固まったら、次はホーム探しです。前項(条件整理の項目)でも説明してように高齢者の住まいは公的な住まい、民間の住まいとも多種多様。大きくは入居する人の健康状態、介護保険の認定の有無、費用などで分けられます。まずは、これらの中から、どの高齢者住宅の情報を知りたいか選びましょう。知りたい高齢者住宅の種類が決まったら、自分が住みたい地域にどんな高齢者住宅があるのか、情報収集です。情報の収集には次のような方法があります。

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    入居申し込み・契約

    入居先が決まってからの「申し込み・契約」 施設見学を行い、希望に合うホームが見つかったら、いよいよ入居申し込み、契約です。申し込みから契約までの基本的な流れ、必要な書類と手続きのポイントは次の通りです。(ホームによって、必要な書類が異なる場合があります。入居予定のホームに確認をしてください)

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    入居時期の決定

    いつから住むか(住み替えをするか)「入居時期を決定」 高齢者住宅の居室はワンルームタイプが一般的ですが、夫婦で暮らせる広めの居室があるところもあります。居室の広さに合わせて持っていく物を選別しましょう。 石油ストーブ、電熱器、刃物などは防火・防犯上持ち込みを禁止しているホームが多いので、持ち込み品の可否については事前に確認をしておきましょう。 引っ越しにあたって、それまで持ち家に住んでいた場合は、家をそのまま残すか売却するかが問題になります。入居費用の捻出などのために売却する必要がある場合はともかく、すぐに売却する必要がないなら、ホームの生活に慣れるまで自宅は残しておくという方法もあります。 自宅を目的なく残すことで、トラブルが起きるケースも近年増えています。ご本人、ご家族に不利益が生じないよう、専門家に相談することも大切です。

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    見学・体験入居

    住まいや暮らしのようすなどを確かめるために「見学・体験入居」 希望条件に近い高齢者住宅を絞り込んだら、まずは現地を見学します。前向きに検討したいと思ったら実際の雰囲気、サービス、暮らし心地を自分の目で確認する方法として体験入居があります。見学は無料ですが、体験入居については設定がない高齢者住宅もあります。料金の確認は大切です。 見学の際は一人だけでなく、家族、専門の相談窓口に同行を頼み、客観的なアドバイスをしてもらいましょう。また、質問したい事柄、見たいポイントを事前に整理しておくことも大切です。見学時、体験入居時に見て、確認しておきたいポイントは次の通りです。

  • 老人ホーム等の入居までの流れ

    • 投稿日:

    資料請求して比較検討

    希望の高齢者向け住宅が見つかったら「資料請求(電話・WEB)」 希望条件に合いそうな高齢者住宅が見つかったらパンフレットを取り寄せましょう。

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. 老人ホーム等の入居までの流れ

お気に入り

お気に入りに追加しました