あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

トピックス

高齢者の「運転」に隠れる危険とは?

  • カテゴリ:トピックス
  • 投稿日:

この記事は約2分で読めます。

高齢になっても車の運転をする人は多くいます。
最近では、高齢なドライバーが起こした事故の報道が頻繁に見られるようになりました。
事故を起こさないためにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか?
また、運転の自信がなくなった場合や運転する機会がないという場合に利用できる制度について、合わせてご紹介します。

高齢者に事故が多くなる理由とは

視界が狭くなる

視界が狭くなるにつれて、視界の外側からくる自転車や歩行者などと、交差点に入ったときや右折したときの出合いがしらの事故が多くなります。

ぼやけて見える

目は年齢と共に水晶体が濁っていってしまうため、加齢と共に景色がぼやけて見えるようになっていまいます。ぼやけて見えてしまうと、信号や道路標識が多いところで誤認識や見落としをしやすくなってしまいます。

体の動きが鈍くなる

安全運転をしていても、歩道から子供が飛び出すなど突発的な事態になることが考えられます。そのときにハンドルやブレーキの操作が遅れることで事故を起こしてしまうのです。これは交差点での右左折の場合にも同様に考えられます。

聴力が鈍くなる

周囲の音が聞こえにくくなることで、状況の感知や予測することが難しくなります。車のクラクションや緊急車両のサイレンの反応が鈍くなることで事故を起こしやすくなるのです。

運転する際の注意点

「事故を回避できる」という慢心をしない

あるアンケートによると、高齢者であるほど「事故を回避できる」と答える人が多い傾向にあります。この自信が交通規則よりも経験を重視し、事故に至る原因だと言われています。
高齢者の交通違反では一時停止違反が非常に多い傾向があり、これは「徐行で十分」だという経験が違反へとつながっています。こういった経験側が交通事故へ繋がってしまうのです。

左折の巻き込みはよく確認する

狭い道で左折するときは、ミラーだけなく自分の眼でも確認をしましょう。高齢者の場合は、視野が20~30代の半分以下になってしまいます。かつてはミラーでは見えていたものも、さらに狭くなってしまっているので注意が必要です。

早めにライトを点灯する

暗くなると周囲の状況が分かり辛く、距離感や速度感が分かりにくくなります。そのため、昼間よりもさらに信号や標識、歩行者の見落としが増えてしまうのです。
薄暗い程度でも高齢者の場合は視界がぼやけてしまうため、若いときと同じように見えていないことが考えられます。暗くなる前にライトを点灯し、速度を少し落として安全運転を行いましょう。

シルバーマークの利用すること

現在、75歳以上の方はシルバーマークを付けること、また70歳以上の方は表示するよう努めるよう促されています。
これは、他の車の運転者はシルバーマークを付けた車を保護する義務が発生するものですから、運転に自信がない場合は70歳以上であれば積極的に利用した方が安全です。

運転免許返納制度

運転をする機会がなくなったり、家族から危険だと注意された場合は運転免許を返納する制度を利用しましょう。この制度は、返納すると運転経歴証明書が発行されて身分証明書として利用出来るほか、その制度を利用した人には発行した地域の自動車教習所や商店街などのさまざまな企業から、代金が割引されるなどの特典を受けることができます。

核家族の場合にはどうしても運転する必要がある高齢者もいるでしょう。他にもさまざまな事情で車を必要とする高齢者がいると考えられます。
運転する際はここで紹介した点だけでなく、さまざまな状況を考えながら安全運転を心がけてくださいね

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. トピックス
  5. 高齢者の「運転」に隠れる危険とは?

お気に入り

お気に入りに追加しました