あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

トピックス

事前にチェック!公的介護保険と民間介護保険の特徴

  • カテゴリ:トピックス
  • 投稿日:

この記事は約2分で読めます。

「介護保険って一体どんなもの?」という声をよく聞きます。
事前にさまざまな知識を身に付けておかないと、いざ受給したいと思ったときにとても戸惑ってしまうため注意が必要です。
「介護保険とは?」「受給資格は?」「保険の内容は?」といった、介護保険に関する基礎知識についてご説明します。

公的介護保険料の加入と支払い

日本では40歳以上の国民全てに、介護保険への加入と保険料の支払いが義務付けられています。
40歳になると手続きをしなくても公的介護保険の被保険者となり、加入する健康保険から保険料が徴収されます。
65歳を越えるとこれらの制限が廃止され、全員が被保険者として扱われます。

40歳~64歳は「第2号被保険者」となり、各種医療保険料に上乗せして支払います。
65歳以上は「第1号被保険者」となり、原則は年金収入より天引きされます。
介護保険料の金額は住んでいる自治体や所得に応じて異なります。

民間介護保険の加入と支払い

民間介護保険は、保険会社が販売する保険商品です。
保険会社の規定に従って加入するので、商品によっては20代から加入できるものも存在します。
保険料は「介護保険に単独加入」「生命保険の特約として付帯」「終身保険の払込満了と共に介護保険に移行」など、加入方法によって差が出ます。

民間介護保険には、公的介護保険の要介護度に準ずる「連動型」と、各保険会社が独自に基準を定めている「非連動型」の2タイプがあるので、非連動型の保険受給資格については加入前にしっかり確認しておきましょう。

公的介護保険の受給資格

公的介護保険を利用するには、介護を受ける方が日常生活を送るためにどの程度の支援を必要とするかを示す「要介護認定」を受ける必要があります。
介護状態の度合いによって保障の内容が変わるので、要介護認定の区分の詳しい内容は厚生労働省のHPを確認してください。
「第1号被保険者」が介護状態となった場合はその原因までは追求されませんが、「第2号被保険者」が要介護状態になった場合は、その原因が特定疾病に起因する場合に限られるので、注意が必要です。

介護保険の申請の流れ

介護保険を受ける方が住民票を置いている市区町村が窓口となります。
基本的には本人が申請しますが、体の状態により窓口に行けない場合は、家族や福祉サービス事業者が代行できます。
申請が完了すると、認定調査員が申請者の自宅を訪問し、日常生活の様子や動作をチェックします。

その結果と医師の意見書をもとに審査が行われ、要支援度・介護度の区分が決定されます。
審査から決定までは原則として30日以内と決められており、要介支援度・介護度が確定したら、各自に合ったケアプランを作成してサービスが開始されます。

介護保険の現物給付

要支援認定をされた方は予防給付を、要介護認定をされた方は介護給付を受けることができます。
予防給付も介護給付も居宅サービスや地域密着型サービスを1割負担で利用できます。
それらのサービスにより栄養状況を改善したり、運動機能を向上させることが必要とされます。
介護保険を利用する場合は1割を自己負担しますが、その額の上限は要介護認状態によって変わります。

事前の確認が大事

介護保険を受給したいと思っても、その中身を理解していないと受給されるまでに時間がかかってしまいます。
今は必要ないと思っても、いつ受給したい状態になるか分からないのが介護保険です。
今回紹介した内容についてはしっかりと覚えておきましょう。

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. トピックス
  5. 事前にチェック!公的介護保険と民間介護保険の特徴

お気に入り

お気に入りに追加しました