あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

老人ホーム探しのポイント

3,高齢者向け住宅の身体の条件整理

  • カテゴリ:老人ホーム探しのポイント
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

この記事は約2分で読めます。

高齢者向け住宅の選び方

高齢者向け住宅(施設)は、大きく分けると 

  • 「介護の必要がなく、お元気なうちから入居できる所」と
  • 「介護認定を受けている方が入居できる所」に分けられます。

つまり、入居を希望する方のお身体の状況によって、選べる高齢者向け住宅(施設)が絞り込まれるということになります。

介護の必要がない方

介護認定を受けていない自立されている方が
入ることが出来る高齢者向け住宅(施設)から選ぶことになります。
※高齢者向け住宅(施設)によっては、介護認定を持っていないと入居出来ないという要件がある所もあります。

【介護認定を受けている方が入居できる所】に入居するには、まず介護認定を受ける必要があります。もし要介護認定を受けていない場合は、まず 市区町村の窓口で要介護認定の申請をしましょう。
この「要介護認定」にて「介護が必要な状態であるか」「どのくらい必要な状態か」を判定されます。

高齢者向け住宅の種類について

まず公的なものでは介護保険施設と言われる、特別養護老人ホーム(特養)や老人保健施設(老健)、介護医療院があり、介護認定による介護度によって入居条件が異なってきます。
それに対して民間企業では、介護付有料老人ホーム(住宅型・自立型・健康型)、サービス付き高齢者向け住宅、グループホームなどがあります。
 高齢者向け住宅のなかには、認知症の方専用のフロアを設置しているところもあります。入居後、介護度が進んだり、認知症の症状が重くなった場合は退去の可能性もあるので、入居時の身体条件だけでなく、入居後の変化にどう対応するかも併せて確認しましょう。

【図解】高齢者向け住宅の選び方

施設名称自立要支援要介護認知症
介護付有料老人ホーム(入居時自立型)× × ×
介護付有料老人ホーム(介護型・ 混合型)
住宅型有料老人ホーム ×
施設名称 自立 要支援 要介護 認知症
グループホーム × 要支援2
以上
サービス付き高齢者向け住宅
特別養護老人ホーム × × 要介護3
以上
介護老人保健施設 × ×
介護医療院 × ×
ケアハウス 自立型 × ×
ケアハウス 介護型 ×

※△は相談可。上記はあくまで目安であり、実際の受け入れ条件は施設により異なります必要な医療体制があるかを確認する

より重い介護状態になれば必然的に医療処置が必要な場面も増えてきます。高齢者向け住宅(施設)のなかには、胃ろうやバルーン留置、痰の吸引など、継続した医療処置が必要な方の入居を制限するところもあります。

その一方で、最近は、医療法人が運営する有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などで、医療依存度の高い入居者にも対応するケースが増えてきました。

 医療処置の内容は、医療機関との連携体制や看護職員の配置人数により差があるので、不安な点は直接確認してみるとよいでしょう。

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. 老人ホーム探しのポイント
  5. 3,高齢者向け住宅の身体の条件整理

お気に入り

お気に入りに追加しました