あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

介護保険制度について

介護認定の申請方法

  • カテゴリ:介護保険制度について
  • 投稿日:
  • 最終更新日:

この記事は約2分で読めます。

介護サービスを利用するまでの流れ

要介護(要支援)認定

介護サービスは、加齢にともなう身体上、精神上の障害のため、入浴、排せつ、食事等の日常生活をおこなうのに支障が生じた場合に、自立して日常生活を送ることができるよう提供されるサービスです。

被保険者が介護サービスを利用するには、その方が、常に介護が必要である状態(要介護状態)にあるか、または常に介護を必要としなくても日常生活に支援が必要な状態(要支援状態)にあるかどうかの確認を受ける必要があります。
この手続きを「要介護認定」といい、介護保険サービスを利用するには、この要介護(要支援)認定を受けなければなりません。

先ずは、本人、または家族が居住する市区町村の担当窓口に申請をします。

(本人・家族による申請が難しい場合は地域包括支援センターや居宅介護支援事業所に代行申請を依頼する事も可能です)

申請に必要な書類

要介護認定に必要な書類は次のとおりです。

被保険者の区分 申請に必要な書類
第1号被保険者 申請書、被保険者証
第2号被保険者 申請書、被保険者証 (被保険者証が交付されてない方は、医療保険被保険者証)

※申請の方法は各市町村で異なる場合があります。介護保険担当窓口にご相談ください。

要介護認定の手続き

申請を受けた市町村は、ご本人の状態を確認するため、調査員による訪問調査を行うとともに、申請書で指定された主治医に対して意見書の提出を依頼します。

訪問調査の結果と主治医意見書を基にコンピュータによる一次判定を行った後、市町村等が設置する介護認定審査会で審査(二次判定)を行い、要介護度が決定されます。

※原則として、認定は申請の日から30日以内に行われます。

要介護度の目安

要支援1 日常生活上の基本動作は、ほぼ自分でできる。 現在の状態が悪化することで、要介護状態にならないように支援が必要である。
要支援2 要支援1の状態より日常生活上の基本動作を行う能力がわずかに低下。 何らかの支援が必要である。
要介護1 立ち上がりや歩行が不安定。 排泄や入浴などに一部、または全面的に介助が必要な状態である。
要介護2 ひとりで立ち上がったり歩行するのが困難。 排泄や入浴などに一部、または全面的に介助が必要
要介護3 ひとりで立ち上がったり歩行ができない。 排泄や入浴、着替えなどに全面的な介助が必要である。
要介護4 日常生活を送る能力がかなり低下。入浴、排泄、着替えなどに全介助が必要。 食事に一部介助が必要である。
要介護5 日常生活の全般にわたって全面的に介助が必要である。 意思の伝達がほとんどできない場合も含む。

この記事の執筆者

山元 英裕

資格
ロイヤル入居相談室 室長・介護福祉士

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. 介護保険制度について
  5. 介護認定の申請方法

お気に入り

お気に入りに追加しました