あなたにピッタリの老人ホーム・サ高住が見つかる!無料で相談できる!「老人ホーム・サ高住お探しガイド」

お気に入りカート

「スタッフブログ」 の記事一覧

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    「予測できること、できないこと」

    今年の1月からご相談頂いたお客様で入院中には熱を繰り返しだしては、退院が伸びてホームの入居も3月頃になったかたがいます。 トラストガーデン用賀の杜にご入居されたかたですが、あれから3ヶ月以上たちご家族様に本人の状況確認の連絡したところ、 「身体がだいぶよくなり、リハビリをして自宅にいるときぐらいまで回復することができてます。」 と大変喜ばれておりました。 二子玉川相談室 金田 望

  • スタッフブログ

    • 投稿日:
    • 最終更新日:

    感謝のお言葉

    先日、入居されたお父様の娘様(長女様)より頂いたお言葉です。 次女様、長女様共に交通手段は交通機関にての移動にて、施設見学時にお父様が入院させている病院から見学施設まで片道高速道路を使って1時間40分の距離でした。 往復送迎お行い、その見学時に申し込みをされ今ではそのホームにお住まいになられております。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    後押しのお手伝い

    東北地方の老健にお住まいのお母様のご相談を埼玉と東京にお住まいのご家族様よりいただきました。 ご相談当初は「老健には不安やご不満を抱えている為出来る限り早い住み替えをしたい」との事でしたが、コロナウイルスが蔓延している最中の住み替えや入居後の面会対応などに大変不安を抱いておりました。 出来る限りご希望に沿った施設へのご提案、ご案内に大変満足していただきお申し込みを頂きましたが、お身体に合った対応のフロアへの直接入居が難しく系列ホームでの待機という事になりました。 希望ホームへの直接入居が出来ない事で今時期のご入居に対しかなり迷われておりましたが、待機中ホームには同じ条件でご対応していただくなどをご協力いただき、ご家族様もご理解され待機中に過ごされるホームを見学していただく事で待機ホームへの不安も和らぎご入居日が決定致しました。 幸い、ご入居前に元々ご希望されていたホームに急遽空室が出ましたので直接ご入居となりました。 このご時世遠方からの呼び寄せを躊躇される方も多いと思います。ですが、あえて私は早めの呼び寄せをご提案しました。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    一年振りのご相談

    一年前に病院より、頸髄損傷の方のご相談を受けました。 当時65歳とお若いこともあり、ご家族様は介護施設で良いのかを悩んでいました。 また、頸髄損傷で介助量が多いことから、施設側から7件連続で断られてしまう結果となっていました。 ようやく前向きに入居を検討して下さる施設が見つかったタイミングで、療養病院を検討したいご家族様の意向が急に変わり、一時中断となりました。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    スピーディーな対応

    ケアマネより急ぎで入居先を検討したい方がおり、相談に乗って欲しいと連絡を頂きました。 対象者は急に認知症が進んでしまったとの事で猛暑が続く中エアコンの付け方が分からず一時は熱中症で入院され、早めの治療が出来たのですぐ退院出来たものの独居ではご生活出来ないとの事でした。 すぐご家族との面談のお時間を戴き、結果としてご相談からご入居まで10日程で進める事が出来ました。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    少しでも汲み取らせて頂いて…

    現在も猛威を振るう新型コロナウイルスへの感染予防対策として、以前のように施設へのご見学に際し、我々相談員が同席出来ない施設が多くありつつも、ご見学後に「中村さんに今回出会える事が出来て、本当に良かったです」と、言って頂ける事を支えに、日々マスク越しに汗をかきつつ、施設の案内に伺う日々を過ごしております(少しは初秋らしさを身体で感じたい頃合いですが…)。 同席が出来ない分、見学後の車内で施設の感想を詳細に聞かせて頂きますが、ご返答の中で「おそらく…この施設を選ばれるかな…」と感じながら、後日感じた通りのお答えを頂く事が多くあります。 感想の中で、ご見学の対応・説明をして頂いた方の印象も含まれますが、「単純にその方の状況だけを聞いて自社・自施設の説明で終わる」担当の方も居れば、「その方の抱える問題点や不安点を汲み取り、一緒になってその解決に向けて自社・自施設ではこのように行えます」と説明できる担当の方もおられます。 当然、その感想を述べている時の声や表情が大きく異なります。それは我々相談員にも言える事だと考えており、相談者が言葉で発する要望にただ応えるだけでは無く、相談者が表現化出来ていない・気が付いていない「主訴」を如何に汲み取って相談者に気付いて頂き、その事を事前に施設担当者に伝えられるかが、現在求められている事だと考えて実践しております。 こうした状況の中だからこそ、我々ロイヤル入居相談室が少しでも皆様方の「しあわせのお手伝い」が出来るように対応させて頂きます。 川口相談室 中村 茂

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    私が代わりに

    ご家族が妹様しかいらっしゃらないという70代後半のお客様を案内しました。 当初は妹様も一緒に行く予定でしたが都合が悪くなってしまい一緒に行くことができなくなりました。 そのためお客様は心細くなったのか「行きたくない」と病院の相談員に断っていましたが退院期限も近付いてきているので行くように勧められて渋々見学へ行くことになりました。 2ヶ所見学予定でしたが1ヶ所見学したあとに「もう帰りましょう」と言われたので、「1ヶ所だけでは比べようがないですし、また出かけるのも大変なので何も言わなくてもいいので、代わりに私がすべて答えるので少しでいいので行ってみましょう」と言ってどうにか2ヶ所目も見学することが出来ました。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    日々、勉強

    去年の6月に入社し、早いもので1年以上が経過しました。 先輩相談員の方々の知識や経験等には遠く及びませんが、日々いろんなケースを担当させていただき、成長させていただいております。 すべてはお客様の満足の為に、小さな親切心やお客様ファースト、お客様のために1件、1件真摯に向き合っているつもりですし、すべてのお客様のご期待にお答えしたいとも思っております。 しかし、生活保護の方のご相談や、低価格、暴力等の困難事例のご相談等、今の私の知識や経験ではお答え出来ないご相談をいただくこともあります。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    現場経験を振り返って

    住み替え相談の中には難病を抱えた方のご相談をいただくことがあります。 末期癌やパーキンソン病、ALSなど疾患は様々ですが進行性と確立した治療方法がないという特徴を持ち合わせています。 余生を考えた選択が必要になるため、【お看取り】の対応が必要不可欠です。

  • スタッフブログ

    • 投稿日:

    ちょっとした気遣い

    最近、自立の方の対応が続いております。 いわゆるご本人様が検討者でありご本人様です。 〝自立〟といっても全ての事を自身で行わなければならない生活のしんどさと、今後の不安と、いざ住みかえる時の行うべきことなどなど、それぞれのお悩みが多くあることを、ご相談を通じてあらためて感じております。 特にこの時期、ご案内時のちょっとしてた気づかいや送迎など、日常行っていることにとても感謝していただいています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 84

相談実績80,000組以上の
「ロイヤル入居相談室」に
ご相談くださいSUPPORT

「ロイヤル入居相談室」の無料相談は「相談だけではありません。提案だけでは終わりません。」
お客様と一緒に納得できる老人ホームを探し、満足した生活を送られるところまでサポートするためのサービスです。
ご相談はすべて無料。ぜひお気軽にご相談ください。

  1. 老人ホーム・サ高住ガイドトップ
  2. お役立ち情報
  3. お探しガイド豆知識
  4. スタッフブログ

お気に入り

お気に入りに追加しました