理想の老人ホーム・介護施設が見つかる総合サイト「老人ホームお探しガイド」
サイト運営会社について

介護の豆知識

いま知りたい!家族の介護と仕事を両立するための制度

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Line

あなたは近い将来やってくる親の介護について明確なビジョンを持っていますか?親の介護にはさまざまな苦労やトラブルがつきまといますが、中でも深刻な問題は、介護と仕事の両立が難しいことです。
今回は、介護と仕事を両立するうえで知っておくと便利な制度をご紹介します。

介護制度を理解して親の介護に備えましょう

ある生命保険会社が行った調査によると、なんと親の介護を始めた子供世代の半数以上は1年以内に介護離職を余儀なくされ、それまで打ち込んできた仕事を失っているのです。
親の介護の片手間では、なかなか有利な条件の正規職の仕事は見つけられませんし、うまく転職を出来たとしても収入が激減し、親子ともども生活に困るなんてこともありえます。

若いうちから親の介護に備え、介護にかかわるさまざまな情報を得ておくことは、あなたや家族の生活を守るために大切なことです。

私たちが利用できる介護制度にはどんなものがあるの?

日本は国民皆保険制度を採用していて、私達は保険料を納めておくことで高い社会保障を受けることができ、次のような介護制度を利用できます。

介護休業制度

介護をする家族1人につき、要介護状態にいたるごとに1回、通算して93日まで介護休業を取得することができる。

介護休暇制度

介護をする家族が1人の場合は年5日、2人以上の場合は年10日を限度として、介護休暇を取得することができる。

介護のための勤務時間の短縮等の措置

介護をする家族1人につき、介護休業をした日数と合わせて少なくとも93日間は、勤務時間の短縮等の措置を受けることができる

このような便利な社会保障制度はまだあります。しかし、このような社会保障制度はいまひとつ知られておらず、介護離職を余儀なくされている人との半分以上はこういった介護制度を利用していないのが現状です。

介護制度を活用して安心して親の介護をしましょう

介護に直面して仕事を辞める選択を迫られた場合は、まずは介護制度の利用が可能かを調べて見ましょう。仕事と介護を両立するための制度を活用すれば、介護離職を防げるかもしれません。

親の介護をしていくためには、長期的な資金が必要ですが、介護離職は家族の経済状態を一気に悪化させてしまいます。また、仕事に出かけることは介護をする者の良い気分転換になっていますので、離職によって精神的に追い詰められてしまうケースも多いのです。

企業によっても経験豊富な従業員を失うことは損失になりますので、「会社に迷惑がかかる」と考えるのではなく、遠慮せずに公的な保障を受けることを考えていきましょう。

まとめて見学予約・資料請求 チェックした施設を
まとめて見学予約・資料請求

見学予約・資料請求

取扱窓口