理想の老人ホーム・介護施設が見つかる総合サイト「老人ホームお探しガイド」
サイト運営会社について

介護の豆知識

「介護疲れ」していませんか?セルフチェックと対処法

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • Line

介護疲れとは、家族の介護によって心身に負担がかかることです。近年では、介護疲れが原因となって殺人や自殺に繋がっているというニュースもあります。
実際に両親の介護を行っている方に向けて、自分に介護疲れの兆候が出ていないか確認するためのチェック方法と、介護疲れの対処法について紹介します。

介護疲れの原因とは

・肉体的な介護疲れ

介護とは、肉体労働です。食事や排せつ・入浴に至るまで介助するためには何度も要介護者の身体を動かす必要があります。無理な姿勢になることで腰痛を招いたり、長時間の労働に介護者が寝不足に陥ったりすることもあります。
特に現在では高齢者が高齢者を介護する「老老介護」も生まれてきました。若い方でもつらい仕事を高齢者の方が行うのは少々酷な話かもしれません。

・心理的な介護疲れ

介護は、子育てとは異なり終わりが見えません。子育ての場合は子どもが自立するようになると、手がかからなくなります。一方で介護の場合は、要介護者を看取るまでということになります。介護疲れの結果、要介護者の命が終わることを望んでしまう介護者もいるのです。

もう1つは事実との葛藤が原因になっています。これまで、敬意を持ってきた両親の面倒を見るということに葛藤を覚えて苦しむこともあるのです。特に認知症が発症した場合、これまでとは異なり冷静な判断ができなくなった要介護者への対応に苦しむこともあります。

介護疲れチェック項目

以下は介護にストレスを感じているかのチェック項目です。
・なんだか無性にイライラする
・なんてことない場面でも緊張してしまう
・趣味や好きなことをしていても楽しくない
・人と会うのが億劫に感じる
・自分の好みに変化
・自分を過小評価し悲観的になる
・声が小さくなったと言われる
・物事を記憶したり判断したりできずに作業効率が落ちる
・寝付けない。夜中や早朝に目が覚める
・食欲がないもしくは食べ過ぎてしまう
・腹痛や下痢、めまいや動悸など原因不明の不調

当てはまる項目が多かったとしても、ストレスを解消することで症状は落ち着きます。ですが1ヶ月以上続くのであれば、心身に問題が生じていることがあります。そうした場合は専門のカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

介護疲れ対処法

・できないことは当たり前
多くの方が初めて介護を行うことでしょう。専門的な知識を持っていないことは当たり前で、できないことも当然多いです。できないことにストレスを抱えて介護が嫌になる前に、あらかじめ気持ちを割り切っておくことと専門家の知識を仕入れておくことが大切です。

・1人で抱え込まない
何でも1人でやってしまおうとする方は、介護うつになる傾向があります。周りの家族などにも相談して、できることなら複数人体制で介護を行うようにしてください。それが難しい場合は、仲の良い友人や介護の相談を受け付ける地方自治体の窓口に悩みを打ち明けるのも良いかもしれません。

介護疲れというのは、介護に関わる方なら誰でも起こり得る問題です。
介護に対する知識や気持ちを事前に備えておくことで、幾分か楽になることでしょう。
最悪な事態を避けるためにも、今回紹介したことをご検討ください。

 

まとめて見学予約・資料請求 チェックした施設を
まとめて見学予約・資料請求

見学予約・資料請求

取扱窓口