神奈川県の理想の老人ホーム・介護施設が見つかる総合サイト「老人ホームお探しガイド」
サイト運営会社について

株式会社荒井商店

  • リーフエスコートあざみ野の外観

    リーフエスコートあざみ野の外観

  • レジデンスあじさいの丘 外観

    レジデンスあじさいの丘 外観

  • リーフエスコートあざみ野の外観
  • レジデンスあじさいの丘 外観

本社所在地

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 6丁目19番20号第15荒井ビル

設立

昭和41年10月

資本金

30億円

従業員数

50名(グループ企業 2,500名) ※平成29年3月現在

事業内容

1.賃貸ビル・賃貸マンションの経営
2.医療・介護関連事業
3.不動産ソリューション・仲介
4.不動産の企画、開発、販売

エリア エリア

施設種別 施設種別
こだわり検索 こだわり検索

介護度

医療・看護体制

介護の方

自立の方

上記以外のキーワード

費用 費用
入居時  月額
2件(1~2件を表示中)
表示件数 

サービス付き高齢者向け住宅リーフエスコートあざみ野

  • おすすめポイントあざみ野駅まで、平坦な道を歩いて5分という立地が何よりも魅力!
  • おすすめポイント全戸南向きで、機能的でかつ使いやすさにこだわったお部屋が多いのが魅力!
  • おすすめポイントお部屋も広めに設計されており、高級感あるお洒落なつくりになっているのでゆったりとした気持ちで日々をお過ごし頂けます。
  • おすすめポイント外出時にも持ち歩ける緊急通報対応サービスも行っており、部屋の中だけでなく外出先でもセコムがお客様の安全をお守り致します!
  • おすすめポイントデイサービスも併設されており、雨にぬれずにデイサービスにご参加も頂く事ができます(別途契約要)
  • おすすめポイントオプションでお部屋やお風呂のお掃除をして頂く事も可能です(別途料金要)
  • おすすめポイント併設のレストランでもお食事を召し上がって頂く事が出来ます。
リーフエスコートあざみ野の外観
費用 入居54.9万円~97.4万円
月額17.4万円~28.3万円
住所 神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-14-7
交通 東急田園都市線、市営地下鉄ブルーライン「あざみ野」駅より徒歩5分

サービス付き高齢者向け住宅レジデンスあじさいの丘

レジデンスあじさいの丘 外観
費用 入居40.5万円~43.5万円
月額17.5万円~21万円
住所 神奈川県秦野市鶴巻北2丁目14番2号
交通 小田急小田原線「鶴巻温泉」駅より徒歩7分
2件(1~2件を表示中)
表示件数 

神奈川県の人気施設ランキング

神奈川県の老人ホームの特徴と動向

[神奈川県の有料老人ホームの相場]

有料老人ホームに入居する際にかかる費用は、おもに入居一時金と月額利用料になります。神奈川県は有料老人ホームの数が多く、価格帯も幅広いため有料老人ホームを選びやすいエリアになります。まず入居一時金が横浜市や川崎市では500万円~800万円程度、鎌倉市などの高級エリアでは約1,000万円、そしてその他の地域では300万円程度となっています。対して月額利用料は、横浜市や川崎市で22万円~27万円程度、鎌倉市などでは25万円~30万円、そしてその他のエリアでは16万円~22万円程度となっています。入居金が0円から利用できる有料老人ホームも数多くあります。また、鉄道沿線で東京から離れれば比較的利用しやすい料金で充実した施設に出会えることもあります。交通の便が良い立地や海が見えるなどの特長がある立地、築年数が新しいもの、また人員体制が整っている有料老人ホームなどが高額になります。

[神奈川県の特別養護老人ホームの入居申込者]

特別養護老人ホームに申し込みをする人は、平成27年4月の制度改正以降、介護度が要介護3~5の人に限られることになっています。平成29年3月の厚生労働省の発表によると、神奈川県の特別養護老人ホームの入所申込者数は16,691人となっています。

[神奈川県の高齢者人口]

神奈川県の高齢者(65歳以上)の人口は222万人となっており、(平成29年1月、人口統計調査より)神奈川県全体の人口の24.5%にあたります。前年の調査から老年人口の構成比は0.5ポイント上昇しました。

[神奈川県の鉄道]

県内の鉄道は、JRが13路線と、その他私鉄が23路線のほか、横浜市営地下鉄が2路線あります。 また,県内には,新横浜と小田原に東海道新幹線の駅があるほか、羽田空港や成田空港へつながっている路線もあり、県外や海外などにも行きやすくなっています。

[神奈川の道路]

県内には国道や県道などたくさんの道路が通っています。東名高速道路や中央自動車道などを通じて、全国のいろいろな地域とつながっています。
また,県内には約400万台の自動車(乗用車、トラックなど)があり、県外からも多くの車が入ってくることから、交通量が増え、道がこんざつしている場所があります。
そこで、混雑をなくすために、県では国と協力してさがみ縦貫道路などの整備や周りの道路とのネットワークづくりを進めています。

[神奈川県の歴史]

近世の神奈川県域は、武蔵国橘樹郡・都筑郡・久良岐郡の3郡と、相模国鎌倉郡・三浦郡・津久井郡・高座郡・愛甲郡・大住郡・淘綾郡・足柄上郡・足柄下郡の9郡に分かれていました。大名領は、幕末には、11万3千石の小田原藩、1万3千石の荻野山中藩、1万2千石の金沢藩(六浦藩)を数えるにすぎず、その他は幕府直轄領や旗本の知行地、寺社の御朱印地でした。
18世紀に急激な工業化を経験した西欧の先進諸国は、原料獲得と商品売却のための市場を求め、ヨーロッパから出てアジアに向かってやってきました。彼らの乗った船は18世紀末には日本近海にあらわれ、交易を求めるようになったのです。鎖国体制を守り続けた幕府も軍事的圧力を背景に開国を迫ったペリー率いるアメリカ艦隊に屈し、和親条約を締結しました。開港場の一つとされた横浜は日本と外国を結ぶ窓口となり、西洋文明がいち早く流入してくる場所となりました。このため横浜を中心とした経済圏が次第に形成されていきました。

神奈川県で施設を運営している会社

神奈川県で介護施設種別や条件から探す

神奈川県の市区町村から探す

横浜市
川崎市
相模原市
そのほかの地域

近隣の都道府県から探す