東京都、豊島区エリアの理想の老人ホーム・介護施設が見つかる総合サイト「老人ホームお探しガイド」
サイト運営会社について

東京都、豊島区エリアの有料老人ホーム・介護施設一覧 5件

エリア エリア

施設種別 施設種別
こだわり検索 こだわり検索

介護度

医療・看護体制

介護の方

自立の方

上記以外のキーワード

費用 費用
入居時  月額
5件(1~5件を表示中)
表示件数 

サービス付き高齢者向け住宅グレイプスJ東池袋

  • おすすめポイント4駅4路線利用可能なマルチアクセス。㈱ツクイの訪問介護事業所と居宅介護支援事業所を併設しており、24時間365日介護対応可能なので要介護5の方でもご入居いただけます。
グレイプスJ東池袋の外観
費用 入居31.3万円~33.1万円
月額20.8万円~21.4万円
住所 東京都豊島区東池袋5-43-6
交通 JR山手線「大塚」駅より徒歩9分
東京メトロ丸ノ内線「新大塚」駅より徒歩6分
東京メトロ有楽町線「東池袋」駅より徒歩8分
都営都電荒川線「向原」駅より徒歩5分

介護付有料老人ホームニチイホーム目白

  • おすすめポイント都市機能と公園などの自然を兼ね備えた、池袋駅西側の静かなエリアにある「ニチイホーム池袋」。
  • おすすめポイント『お好みで選べるお食事』『自由で楽しいアクティビティ』『介護予防の取り組み』の3つの特徴でお待ちしております。
ニチイホーム目白の外観
費用 入居50万円~2,860万円
月額22.7万円~97万円
住所 東京都豊島区西池袋2-21-5
交通 東京メトロ副都心線「池袋」駅より徒歩9分
JR山手線「目白」駅より徒歩8分

介護付有料老人ホームグレースメイト目白

  • おすすめポイント24時間看護体制の安心感と駅から徒歩2分という利便性をあわせ持つ都市型ホーム。医療行為を必要とする方でも安心してご入居いただけます。会いたい時にいつでも会える、ご家族様のそんな想いを叶えるホームです
グレースメイト目白の外観
費用 入居45万円~3,678万円
月額19.7万円~86.7万円
住所 東京都豊島区南長崎1-19-12
交通 西武池袋線「椎名町」駅より徒歩2分

介護付有料老人ホームグランフォレスト目白

  • おすすめポイントグランフォレスト目白は、池袋から一駅という好立地ながら、閑静な住宅街に位置します。グランフォレスト目白の館内は、温かみのある木材をふんだんに使用。共有設備は小規模ながらも充実しております。
グランフォレスト目白の外観
費用 入居100万円~1,932万円
月額21.1万円~44.1万円
住所 東京都豊島区南長崎2-19-7
交通 西武池袋線「椎名町」駅より徒歩4分

介護付有料老人ホームヨウコーキャッスル巣鴨

ヨウコーキャッスル巣鴨の外観
費用 入居0万円~1,300万円
月額23.7万円~37.7万円
住所 東京都豊島区巣鴨5-14-7
交通 JR山手線、都営三田線「巣鴨」駅より徒歩12分
都営都電荒川線「新庚申塚」駅より徒歩4分
5件(1~5件を表示中)
表示件数 

東京都の人気施設ランキング

東京都の老人ホームの特徴と動向

[東京都の有料老人ホームの相場]

有料老人ホームに入居する際にかかる費用は、おもに入居一時金と月額利用料になります。まず入居一時金が東京23区内で約1,000万円、東京都心部で約1,500万円、そして東京都下では500万円~800万円程度となっています。対して月額利用料は、東京23区内で25万円~30万円、東京都心部では30万円以上、そして東京都下では20万円~25万円程度となっています。全体的に近隣の都市と比べても高額な有料老人ホームが多くなっていますが、その中でも交通の便が良い立地や築年数が新しいもの、また人員体制が整っている有料老人ホームほど高額になる傾向があります。

[東京都の特別養護老人ホームの入居申込者]

特別養護老人ホームに申し込みをする人は、平成27年4月の制度改正以降、介護度が要介護3~5の人に限られることになっています。平成29年3月の厚生労働省の発表によると、東京都の特別養護老人ホームの入所申込者数は24,815人となっています。

[東京都の高齢者人口]

東京都の人口は、平成27年国勢調査によると1351万人、うち高齢者(65歳以上)の人口は305万2000人となっています(平成29年9月、住民基本台帳より)。これにより東京都の高齢化率は23%を超えて、東京都総人口の4.3人に1人が高齢者となりました。また75歳以上の人口は初めて150万人を超えています。

[東京都の昼間人口と夜間人口]

2015年(平成27年)時点で、東京都の昼間人口は およそ1592万人。それに対して夜間人口は1352万人。これは、東京都内の職場へと通勤する人々や、都内の学校へと通学する人々によって、昼間の人口が増えているということを示している(昼間だけ、東京から周辺の都道府県へと通勤・通学する人々もいるが、その数よりも流入する人口の方が大きいので、差引して、昼間の方が241万人多い、という現象が起きている)。

[東京都の交通動向(鉄道)]

東京都の都心部では、JR山手線が環状運転を行っており、その周辺の都心部では、東京地下鉄、都営地下鉄、東日本旅客鉄道の山手線、京浜東北線、中央・総武緩行線が早朝から深夜まで数分間隔で運行し、大量輸送システムの中核を形成している。
都心部と郊外の住宅地とを連絡する主に通勤通学用の近距離・中距離区間の鉄道は、山手線沿線の各駅をターミナルとして、京王電鉄、東急電鉄、小田急電鉄、東武鉄道、西武鉄道、京急電鉄、京成電鉄、埼玉高速鉄道、首都圏新都市鉄道、北総鉄道、東京臨海高速鉄道の私鉄各社が運行している。東日本旅客鉄道の東海道線、中央線、埼京線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線、京葉線、横須賀線、武蔵野線などの各線も近距離・中距離路線として機能している。これらの各線は都心部の地下鉄路線と相互直通運転を実施しているものも多く、都心部と郊外とのスムーズな連絡を実現している

[東京都の交通動向(道路)]

東京都区部とその周辺地域には首都高速道路が建設されている。都心部は都心環状線と中央環状線の二重の環状線が取り巻いており、これらの環状線を貫く形で、1号羽田線、2号目黒線をはじめとする放射線が都心部から外周部へ向けて延びている。これらの放射線の多くは、外周部において東日本高速道路株式会社および中日本高速道路株式会社が管理する高速道路と接続している。都内の他の高規格幹線道路・地域高規格道路は、新滝山街道を除き、東日本高速道路株式会社および中日本高速道路株式会社が管理している。

[東京都の歴史]

東京都は江戸時代(1603年)から日本の首都として発展し、現在は全国で最も多い約1351万人が暮らす世界有数の大都市になっています。行政区域は特別区である23区と、26市5町8村からなっています。 東京都は日本列島のほぼ中央、関東地方の南部に位置し、東は江戸川を境に千葉県と、西は山地を境に山梨県と、南は多摩川を境に神奈川県と、そして北は埼玉県にそれぞれ接しています。総面積は2187平方キロメートルと全国で3番目の小ささです。東西に長く広がっている土地には山地や丘陵、台地などが分布しています。

東京都で施設を運営している会社

東京都で介護施設種別や条件から探す

東京都の市区町村から探す

都心部
23区東部
23区南部
23区西部
23区北部
都下

近隣の都道府県から探す