理想の老人ホーム・介護施設が見つかる総合サイト「老人ホームお探しガイド」充実の無料サポートで初めての方も安心!
サイト運営会社について

探し方ガイド

介護の必要な方

老人ホームの種類と特徴

老人ホームや介護施設、高齢者住宅には、様々な種類があり、それぞれに特徴があります。老人ホームを探すにあたり、施設の特徴を理解しておきましょう。

代表的なものとしては、医療法人や社会福祉法人などが運営する「介護保険施設」と、主に民間事業者が運営する「有料老人ホーム」や「サービス付き高齢者向け住宅」などがあります。

  • 介護保険施設
  • 有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム

介護保険施設

介護保険施設には「特別養護老人ホーム(通称:とくよう)」「介護老人保健施設(通称:ろうけん)」「介護療養型医療施設」の3種類があります。
それぞれの特徴をみてみましょう。

特別養護老人ホーム(通称:とくよう)
ポイント1 全国で約50万人以上の待機者がおり、申し込みから入居まで年単位待ちである
ポイント2 古いホームは多床室が多い。新設ではユニット型で個室を備えているホームもある
ポイント3 日常介護を受けながら余生を過ごす生活の場であり、医療対応が難しい場合がある
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
65歳以上
(要介護3~)
なし 6万円~15万円 × × 要介護
3以上
介護老人保健施設
ポイント1 入院等を機に在宅生活が難しい場合、リハビリを行い在宅復帰を目指す中間施設
ポイント2 多床室のホームが多い。機能訓練室など、リハビリ設備が充実している
ポイント3 病状が安定している方が対象。医療依存度の高い方は入居が難しい
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
65歳以上
(要介護1~)
※40歳~64歳で特定疾病による
要介護認定者も可
なし 8万円~17万円 × × ×
介護療養型医療施設
ポイント1 介護・医療体制の整った施設。病院の療養病床を指す場合が多い
ポイント2 病院と同様で、多床室がほとんど。レクリエーションなど生活援助サービスが少ない
ポイント3 今後廃止になる予定。通常の老健より医療が充実した「新型老健」への転換を進めている
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
65歳以上
(要介護1~)
なし 10万円~20万円 × ×

有料老人ホーム

有料老人ホームの運営主体は特に限定されていませんが、実際は民間事業者、医療法人、社会福祉法人などが運営しています。
有料老人ホームには、「介護付」「住宅型」「健康型」の3種型がありますが、実際には健康型はあまり数が無いため、ここでは「介護付」「住宅型」「自立・混合型」の3種類に分類してご紹介します。

介護付有料老人ホーム
ポイント1 料金や規模、内容についてはホームによる違いが大きい
ポイント2 ホームスタッフが立てたサービス計画に基づき、サービスを受ける
ポイント3 24時間介護スタッフが常駐しており、レクリエーションや設備が充実している
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
65歳以上
(要支援~要介護)
0~1億円以上 12万円~35万円
住宅型有料老人ホーム
ポイント1 お元気な方から介護が必要な方まで入居している
ポイント2 居室内に浴室やキッチンなどが備えられているホームもある
ポイント3 必要な部分の外部介護サービスを選ぶことができる
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
65歳以上
(自立~要介護)
0~数千万円 12万円~35万円
自立・混合型有料老人ホーム
ポイント1 お元気な内からの入居が条件。「自立棟」から、介護が必要になると「介護棟」へ住み替え
ポイント2 通常のマンションのような豪華な設備を持つホームが多い
ポイント3 シニアライフを満喫できるようサークル活動などイベントが充実している
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
60歳以上の自立 数千万円以上 12万円~35万円 ×

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、高齢者の安心を支えるサービスを提供するバリアフリー構造の賃貸住宅です。
比較的お元気な方を対象としている物件が目立ちますが、物件によっては、介護や医療としっかり連携して身体状況が悪くなっても住み続けられるものもあります。
料金体系や人員体制など、物件によっての差が大きいので、選ぶ際には将来の事も考慮して検討するようにしましょう。

サービス付き高齢者向け住宅
ポイント1 お元気な方が中心に入居している
ポイント2 安否確認・生活相談・居室の広さやバリアフリーなどの提供基準がある
ポイント3 運営母体によってサービス内容の違いが大きい
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
自立
(要支援・要介護)
敷金2~3か月分 5万円~25万円

グループホーム

認知症の方が、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送ることを目的に運営されています。居室は原則、個室で、浴室や食堂、台所、リビングなどがあります。
5人以上9人以下を1ユニットとして、共同生活を行います。外出を積極的にするところや地域に密着した運営をするところなど、特徴も様々です。

グループホーム
ポイント1 認知症と診断された高齢者が少人数で共同生活を送るホーム
ポイント2 家庭的なアットホームな環境で生活できるが、身体状況の変化で入居継続が困難になるケースもある為、注意が必要
ポイント3 入居できるのはグループホームのある市区町村に住民票のある方
対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
要支援2以上
・認知症と診断された方
数十万円台が多い 15万円~20万円 × 要支援2以上

老人ホーム施設の比較表

住まいの分類 対象者 入居一時金 月額費用の目安 自立 要支援 要介護 終身
介護保険3
特別養護老人ホーム 65歳以上
(要介護3~)
なし 6万円
15万円
× × 要介護
3以上
介護老人保健施設 65歳以上
(要介護1~)
※40歳~64歳で
特定疾病による
要介護認定者も可
なし 8万円
17万円
× × ×
介護療養型医療施設 65歳以上
(要介護1~)
なし 10万円
20万円
× ×
有料老人ホーム
グループホーム 要支援2以上
・認知症と診断された方
数十万円台が多い 15万円
20万円
× 要支援2以上
介護付有料老人ホーム 65歳以上
(要支援~要介護)
0~1億円以上 12万円
35万円
自立・混合型有料老人ホーム 60歳以上の自立 数千万円以上 12万円
35万円
×
住宅型有料老人ホーム 65歳以上
(自立~要介護)
0~数千万円 12万円
35万円
サービス付き高齢者向け住宅
サービス付き高齢者向け住宅 自立
(要支援・要介護)
敷金2~3か月分 5万円
25万円
無料:プロの相談員にお気軽にご相談ください 対面相談のお申し込みはこちら

まとめて見学予約・資料請求 チェックした施設を
まとめて見学予約・資料請求

見学予約・資料請求

取扱窓口