理想の有料老人ホーム・介護施設が見つかる総合サイト「老人ホームお探しガイド」充実の無料サポートで初めての方も安心!
サイト運営会社について

探し方ガイド

介護の必要な方

見学・入居までの流れ

大切な事は基礎知識を得る事

老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅等の名前は聞いたことがあるけど、その内容がイマイチわからない...、そんな声をよく聞きます。まずは種類と役割、そして料金の相場を理解することからスタートです。 初めて検討される方はやはり「相談室への相談」がおすすめです。基礎をしっかり理解することが目的への近道です。

希望条件を明確にする

料金面、場所、介護内容、医療サポート、レクレーション、リハビリ、食事面...、検討理由は様々です。複雑な条件をパズルのように組立て、あなたの希望条件を明確にします。

1000件以上の資料の中から選び出します

首都圏1,000件以上の施設から、希望条件に合った施設を複数選びます。介護度やご予算、ご入居時期など基本的な条件から、医療・介護の受け入れ体制、ご入居者様のご希望条件など多岐にわたる条件から絞り込んでいきます。

見学予約もスムーズに

意外に難しいのが見学のスケジュールを立てる事。見学時間はどのくらいかかるの?移動時間は? 効率的に見学できるよう準備が必要です。見学希望の日程をお伝えいただければ、あとは見学するだけ。また、見学した後に入居のお願い・お断りのご連絡も必要となります。

相談室では見学同行も承っています

一番ご好評をいただいているサービスが「見学同行」です。効率的に見学できるようにスタッフが調整するのでお任せ下さい。見学希望の日程をお伝えいただければ、あとは見学するだけ。また、見学した後に入居のお願い・お断りの連絡を入れるのもスタッフにお任せ下さい。一緒にホーム見学へ同行して、その場でプロのアドバイスをさせていただきます。ご相談者様だけでは気付かない点や質問しづらい事を現地でサポート。ご相談はこちら

入居希望の施設が決まったら

申込書を提出したら、次は医療関係の書類を準備します。
下記に主な医療関連の書類を記載します。

  • 健康診断書
    (施設の定型書式にて提出する所がほとんどです)
  • 診療情報提供
    (いわゆる医師(主治医)の紹介状です)
  • 看護サマリー
    (病院を退院して施設入居する際に必要。看護師が用意します)
  • ADL表・日常動作確認書
    (ご自宅から入居の場合は家族が、病院では看護師が記入します)
書類の準備が整ったら

いよいよご本人様の面談がございます。お申込み施設の施設長、ケマネジャー等が、ご自宅、病院などへ伺い、ご本人様の状態、生活歴などのお話しをお聞きします。緊急の場合は、書類が整う前に面談を行うことがあります。

面談終了後は

施設内で、面談の内容を発表し、ケアマネジャーを中心に介護スタッフ、看護スタッフとで受け入れ可能かを検討します。最終的には施設長が判断します。
審査結果をお知らせし、入居可能な方は、入居日を相談します。

入居したけど問題が・・・そんなときは相談室へ!

老人ホームお探しガイドやロイヤル入居相談室を介して入居した方のメリットは、入居後も何回でも相談が可能ということ。一番良い事は、ご本人様、ご家族様が穏やかに生活されることですが、万が一に問題が発生した場合は、またスタッフにご相談ください。過去の事例を踏まえながら、一緒に問題解決のお手伝いをさせていただきます。 (満足されてお喜びの声の方が多く届きますのでご安心ください)ご相談はこちら

検討段階からご入居まで何でもご相談下さい。

早いときは相談から入居まで数日間で決定、長いときは数年間かけて決定する方もいらっしゃいます。介護で困っているご家族は、比較的早くに決定される傾向です。
そのような方々にこそ来店面談をおススメします。短時間で老人ホームの基礎知識をお伝えします。
今すぐの入居を考えていない方でもご安心ください。何度来店されても無料です。

まとめて見学予約・資料請求 チェックした施設を
まとめて見学予約・資料請求

見学予約・資料請求

取扱窓口