親のための老人ホーム・介護施設の相談・見学なら安心の「老人ホームお探しガイド」。両親・父母を預けて安心の老人ホームを見学しませんか?

初めての方へ
お気に入り施設一覧0
老人ホームお探しガイドトップ > 探し方ガイド > 【介護の必要な方】親の老人ホーム選びで困ること

探し方ガイド

介護の必要な方

老人ホーム選びで困ること

お独りで老人ホームを探され、入居後に思った施設では無かったと後悔され、当相談室に来店して頂いた方の事例です。
これらのトラブルに対して当相談室では、見学以前に確認をし、お任せできる施設をご紹介させて頂いております。ご安心ください。

事例1「施設を探す時間がなかったため、近所の施設に入居した」

病院から退院を迫られ、探す時間が無かったため、自宅の近所にある老人ホームへ問い合わせたところ、空室があった為、月額料金が高かったが入居した。その後、友人から「もっと安くて良い所があると言われた」

ここに注意!

あまり比較検討をすることなく、自宅の近くだからといって一人で決めてしまい後悔したケースです。「もっと安いところに移りたい」という、ご希望がはっきりしていたので、ご希望に合ったホームをご紹介しました。

事例2「インターネットで検索した施設に入居した」

インターネットの検索サイトで、自宅の周辺エリア、予算を入力し検索をしたら4か所あり、施設見学をした。どこでも施設の良い事しか言われず、また、どういう質問をしたらいいのかも分からず、どこも同じならと一番安いホームに入居したら、入居後の対応が悪かった。

ここに注意!

初めて老人ホームを探すときは、その違いがわからないものです。沢山のホームを見たり、入居者の声を聞いている相談員と話をすれば、注意点やデメリットも理解しながら探すことができます。

事例3「入居前に約束された事が出来ておらず、出来ませんと施設長から言われた」

見学時、有料老人ホームの入居担当者に、入居後の対応について希望を話し、出来るか確認をしたところ、大丈夫という回答でしたが、入居後に施設長より「出来ません」と言われ、「入居担当者は施設の事をわかっていない」と有料老人ホーム内部の不満まで口にされた。

ここに注意!

こんなケースはさすがに少数ですが、交渉しても現場が対応できない場合は、他のホームに移り住むしかありません。

事例4「最初は手厚く対応してくれたが、だんだんと対応が雑になってきた」

新規オープンの施設に開設当初に入居したが、入居者が増えるに連れて、対応が雑になり、最初の頃の手厚さがなくなった。スタッフも常にバタバタしている。これならば新規開設の施設を選ばない方が良かった。

ここに注意!

新規オープンの施設は、きれいな建物や最新の設備が整っていて、それだけでも魅力的なものです。しかし、有料老人ホームは毎日の生活の場です。開設から時間が経過しているホームにはベテランのスタッフが多く、安心して過ごせるケースもあります。

事例5「電話で予約した時は空室があると言われたのに、見学時に満床と言われた」

できればすぐに入居したかったので、見学前に空室を確認したのに、「ちょうど今朝、以前見学した方からご返事があって満床になった」と言われた。
本当にそうかもしれないが、その後の対応も何処かいい加減な感じがしたので、見学を中断して帰った。

ここに注意!

いい加減な対応をされてしまうと、入居後にも印象を引きずってしまいます。信頼できる会社かどうかを判断するのも、ホーム選びの大切なポイントです。

事例6「入居してすぐに、状態が変わり退居を迫られた」

ある程度、状態が悪いのは分かっていて、今後も悪化することも予想できたと思うのに、入居後1週間で、うちでは対応が難しいと退居を促された。それならば最初から無理と言って欲しい。それとも予想できないレベルの施設か?

ここに注意!

せっかく苦労して引越しした直後の出来事で、かなり落胆されていました。すぐに他の移り先をご紹介いたしました。

事例7「入居して1ヶ月が経ち、請求書を見て驚いた」

見学時に費用を確認し、ある程度大目に見積もっていたが、実際来た請求書は、それを超えて、「何で、こんなにするの?」という金額だった。施設に説明を求めたら曖昧な回答で、さらに詰め寄ると少し割引になった。怪しい・・・。

ここに注意!

入居したからといって安心せずに請求書は、しっかりと確認してください。こちらのお客様も、ホームの運営会社が信用できないという理由でもちろん他のホームに移られました。

事例8「老人ホームの知識が無く、有料老人ホームだと思っていたが・・・」

有料老人ホームだと思って入居したら、「賃貸高齢者住宅」というものだった。当然介護はヘルパーさんが外部から派遣されるので、家にいる時と何ら変わらず、意味がなかった。勉強不足を痛感した。

ここに注意!

世の中には、いろんな形態の施設があります。知らないと後悔したり、損をすることも多くありますので、事前に本や雑誌で勉強するか、プロに相談することをお勧めします。

ページの先頭へ