親のための老人ホーム・介護施設の相談・見学なら安心の「老人ホームお探しガイド」。両親・父母を預けて安心の老人ホームを見学しませんか?

初めての方へ
お気に入り施設一覧0
老人ホームお探しガイドトップ > 探し方ガイド > 【自立の方】サ高住、自立型有料老人ホームの費用と料金

探し方ガイド

自立の方

自立型施設の費用と料金

サ自立型施設の費用について理解しましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅に住み替えをする場合の費用には、契約時にかかる費用と毎月かかる費用があります。住宅によっては更新時に更新料が必要になります。

運営会社や住宅によって料金体系が大きく異なりますので、入居を検討する時には必ず試算をしてもらうようにしましょう。
ここでは一般的な料金体系をご説明します。

費用の目安
契約時費用:約40万~100万円

(内訳)敷金(賃料の2ヶ月~3ヶ月)・家財保険料(2年分)・当月分の月額利用料など

礼金は不要です。
仲介手数料や更新料が必要な場合もあります。
月額利用料:約15万~30万円

(内訳)家賃・管理費・生活支援サービス費

食費は別途かかる住宅が多いです。
居室内の水光熱費が別途必要になります。
サービス付き高齢者向け住宅の費用具体例
申込資格 自立して生活ができる方
所在地 横浜市
事業開始月 平成23年10月
居室面積 34.20㎡~60.80㎡
初期費用:56.52万円~97.14万円

(内訳)

  • 敷金:賃料の3ヵ月分(29.4万円~52.8万円)
  • 当月分の月額利用料(14.54~23.34万円)
  • 家財保険料(2万円/2年分)
  • 仲介手数料:(10.58万円~19万円)(賃料×消費税)
月額利用料:14.54万円~23.34万円

(内訳)

  • 賃料:9.8万円~17.6万円
  • 管理費:1.5万円~2.5万円
  • 生活支援サービス費:3.24万円
2人入居の場合は5.4万円が追加で必要になります。
その他

食費:朝食515円 夕食822円(食べた分だけ支払い)
水光熱費:居室で使用した分だけ支払い。

自立型有料老人ホーム

老人ホームの費用についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

費用の目安
入居金一時金:1,000万円~2億円
  • 入居している限りホームを利用できる権利(終身利用権)に充当されます。
  • 家賃の前払い金に充たります。
  • 償却期間があるため、利用した期間に応じて退去時に返還金が発生します。
  • 入居時に一度支払えば、償却期間後に住み続けても再度入居金は発生しません。

(内訳)
 入居金の10~20% 入居申込金・施設協力金=返還なし(初期償却として)
 入居金の80~90% 入居一時金(家賃の前払い)=平均的な償却期間は8年~15年

年齢により入居一時金の金額や償却年数が変わる場合もあるため注意が必要です。

償却期間内に退去した場合の返還金の算出方法(例)

入居一時金×(1-初期償却率)×(償却期間―入居月数)÷償却期間
施設によって算出方法は異なりますので、十分な確認をするようにしましょう。

入居一時金とは別の名目の金銭が必要な場合があります。

(例)

  • 健康管理費・あんしんサポート費等(健康管理サービス及び介護サービスの費用)
  • 介護保険の基準を上回る人員過配置サービス費
  • 自立者への生活支援サービス費
  • 入居者健康管理費など
上記の項目は、もともと入居一時金内に含まれているところもあります。
月額利用料:10万円前後

月額の平均的な基本料金は10万円前後のところが多いです。基本料金とは「家賃+管理費」なので、その他にも食費・水光熱費・介護保険1割負担などが必要になります。

自立型有料老人ホームの費用具体例
特徴 ホテルの様な豪華な造り
開設 平成25年6月
居室面積 34.23㎡~67.12㎡
初期費用
  • 入居金:2,280万円~7,420万円(1人)※1
  • 介護一時金:540万円(1人)※2
※1 2人入居の場合:追加入居金1,000万円
※2 2人入居の場合:追加費500万円
月額利用料
  • 管理費:9.8万円 ※1
  • 食費:6.3万円 ※2
※1 2人入居の場合:14.3万円
※2 2人入居の場合:12.6万円
別途、水光熱費がかかります。
ページの先頭へ