親のための老人ホーム・介護施設の相談・見学なら安心の「老人ホームお探しガイド」。両親・父母を預けて安心の老人ホームを見学しませんか?

初めての方へ
お気に入り施設一覧0

探し方ガイド

自立の方

自立型施設の種類と特徴

自立の方向けの老人ホームは主にサービス付き高齢者向け住宅と自立型有料老人ホームに分けられます。それぞれに特徴がありますので各施設の特徴を理解しておきましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは?

下記2つの特性を持つ、60歳以上の方を対象にした賃貸住宅のことを差します。

サービス付き高齢者向け住宅は、物件によって提供されるサービス内容が異なるため、探すのがとても大変です。

提供されるサービス

サービス付き高齢者向け住宅で、必ずご入居者様に提供することを行政で定められているサービスが、安否確認サービス生活相談サービスです。この2つのサービスも、物件によって提供方法が異なります。

安否確認サービス
毎日お部屋にスタッフが訪問して行う物件もあれば、人感感知センサーのような機械で在室されているか外出されているかを把握して、安否確認を行う物件もあります。
生活相談サービス
生活相談は、常駐している有資格者(介護職員初任者研修又は介護福祉士)が、ご入居者様の日常生活のご相談を受けるサービスです。居室設備の利用方法や、お部屋の中の電球の取り替え、将来的に介護保険を受ける際の介護事業所の紹介や病院の紹介などを行いますが、これも物件によりサービス内容が異なります。

安否確認サービスと生活相談サービス以外のご提供している主なサービスは、緊急対応サービス食事提供サービスです。
緊急対応サービス
居室内に緊急ボタンが設置されており、緊急時にボタンを押すと、常駐する有資格者(介護職員初任者研修又は介護福祉士)が、救急車の手配やご家族様への連絡をしてくれます。緊急対応サービスは、ほとんどのサービス付き高齢者向け住宅にてご提供しておりますが、夜間帯に職員が常駐しない物件は、警備会社が緊急対応を行うケースもあります。
食事サービス
サービス付き高齢者向け住宅の食事サービスは、朝食・昼食・夕食の3食の提供をしているところばかりではなく、昼食・夕食2食を提供しているところや、夕食1食のみのところなど様々なパターンがあります。また、最近は食事サービスのご提供がないところもあります。食事提供が無い場合でも、宅配弁当や食材の配達を利用できるようにしているところがほとんどです。
お部屋の広さ

お客様からは「賃貸住宅なので、お部屋は広いところが多いのでは?」というご質問が多いのですが、実情は1Rタイプの25㎡ぐらいの広さが平均的です。物件によっては1人用のお部屋しか用意されていないケースあります。夫婦で入居なされる方は、隣同士で一部屋ずつ借りる場合もあります。お部屋の中にはキッチン・お風呂・トイレ・バルコニーと全て揃っているところもありますが、厨房や共同浴室があるため、居室内にはキッチンやお風呂の設備がない物件もあります。

介護が必要になったら?

サービス付き高齢者向け住宅は賃貸住宅のため、介護サービスが必要になった際には、ご自宅で介護サービス(訪問介護やディサービス)を利用する時と同じように、外部の介護サービスを利用しながら生活をすることになります。建物の中に居宅介護支援事業所(ケアマネ常駐)や訪問介護ステーション(ヘルパー常駐)、訪問看護ステーション(看護士常駐)などが併設されているところもありますが、個別に契約する必要がありますので、建物内になくても大きくな違いはありません。

自立型有料老人ホーム

自立型有料老人ホームとは?

「自立型有料老人ホーム」は正式名ではなく俗称です。介護認定を取得されていない「自立」の方を対象にした、「介護付」もしくは「住宅型」有料老人ホームになります。初期費用が高額ではありますが、身の回りのことができるお元気な時からご入居されても、広い居室空間と自由な生活スタイルが魅力で、なおかつ介護が必要になっても終身でお住い頂ける介護サービスの提供が保証されている有料老人ホームです。このようなタイプの有料老人ホームは数が少なく、全体の有料老人ホームの1割ほどになります。

提供されるサービス

介護スタッフが24時間365日常駐します。日常生活のご相談・緊急時の対応はもちろん。看護師も常駐をしていて、バイタルチェックや医療サポートなどもして頂けます。また、協力医療機関が定められており、協力医療機関への送迎サービス、また最寄り駅から遠い場所にあるホームですと、駅までの送迎サービスを行っているホームなどもあります。

食事サービス
朝食・昼食・夕食の3食をご提供しているところがほとんどです。お食事はあくまでも任意ですので、食べたい時にご利用頂けます。事前のお食事が不要なホームや、有名なレストランのシェフが作るお食事をご提供しているホームもあります。
お部屋の広さ

居室の広さは40㎡前後のホームが多いですが、ご夫婦でご入居を検討されるケースが多いため、60㎡前後の居室が設けられているホームも多数あります。対象とされている方が、自立の方のため、居室設備は通常のマンション同様の、キッチン・浴室・バルコニー等の設備が備わっております。

共用設備

自立型有料老人ホームの特徴のひとつが、ご入居者様が自由にご利用頂ける共用部が充実しているところです。毎日ご利用頂ける大浴場やプール、麻雀室、カラオケルームなど、まるでホテルのような空間があるホームが多いです。また、このような共用施設にて、ご入居者様が主体となって行うサークル活動が盛んな点も、自立型有料老人ホームの特徴です。

介護が必要になったら?

24時間の介護サービスが必要になられても、転居することなく、終身にわたってご生活ができる体制が整っているのが、自立型有料老人ホームです。自立の時にご生活をする「自立棟」と、介護が必要になった時にご生活をする「介護棟」があり、身体状況に応じお住み替えができるように整っているホームが多いです。また、介護棟にお住み替え頂く際の追加費用がないところがほとんどです。

ページの先頭へ